無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

24❤︎
あなた

ぃやっ、、らめぇ///

生徒会長
ダメって言う割には凄く濡れてるけど。
大原先輩の手が私のアソコの中をかき回していく。

もうすでに舌は回らなくなっていて、大原先輩の指は、思いたくないけど先生の指より気持ちいい。
生徒会長
俺の指で感じてるんだろ?
あなた

ちがっ…ンっ////

耳元にかかる大原先輩の吐息が私をさらに唆る。
感じたくないのに。


無理やりされてるのに、拒めない。
それぐらい今までにないぐらいきもちいいからぁ。
あなた

あっ、アんっ、ゥン、、!

生徒会長
逝きそう…?
囁かれたその言葉で私は一気に快楽の絶頂にたどり着きそうになる。
生徒会長
逝きなよ。
大原先輩の指は早くなって。

私のきもちいいところをピンポイントでついくるぅ。
どうしよう。


逝っちゃう。
あなた

ぅ…ぁぁぁぁんっ////

生徒会長
派手に逝ったな。
あなた

あれぇ?

私のアソコから出たのは透明なおしっこ?

何、これ?
生徒会長
どうした?
あ、潮吹いたの始めて?

潮?
潮を吹いた?


って、どう言う事…なの?
あなた

始めてぇ。

気がつけば私は大原先輩の腕にしがみついていた。
生徒会長
なるほどね。
正直、今までで一番きもちよかったでしょ?
あなた

っ……///
そんな、こと、ない、です。

生徒会長
嘘つくなって。
私が逝ったのにもかかわらず先輩は、また、私のアソコをかき回し始めた。

そんな方されたら、、


だって大原先輩の方がきもちいいんだもん。
でも、言えないのに。

口から漏れるのは吐息だけ。
あなた

……です。

生徒会長
ん?聞こえないなぁ。
わざとらしい大原先輩の声に私は顔を赤らめた。
言ったらダメなのに。


ダメなのに。
あなた

先輩の方が…きもちいい…です////



口から自然に漏れていた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆゆ
ゆゆ
ゆゆです サブ垢?裏垢?作りました!! 紫咲 菫▷user/6ffb3a+ 【連載中】 『バイバイ1軍様』 ※そのままの所で2章に入ります。 『まってよ先生。』 【不定期更新】 『掲示板…?的なものです。』 【完結】 『君が髪を切る時に』 『バイバイ1軍様』 『いれかわりラブレター』 【休載中】 『フォーエバーゲーム』 【連載予定】 ☆100ーーーありがとうございます!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る