無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10
高校がある駅に着いたら、痴漢はあったさり解放してくれた。


顔が見たくて後ろを、

電車の中を、振り返ったけど……、


そこには痴漢らしき人はいなかった…。


学校に着いた私はすぐに『旧』数学教科室に向かう。

先生には痴漢のことは内緒にしなきゃっ!!
先生
おはよう。
恥ずかしかったか……って、
先生
凄く、濡れてるじゃないか。
あなた

っ……、、おはようございますっ、




先生は私が部屋に入ると、すぐに駆け寄りしゃがんだ。

そして、先生にスカートをめくられた私は、陰部を触られた。

痴漢にあったこと…バレるかな…っ?

ばれ、ないよね??
先生
キス、マーク?
先生は立ち上がると、私の首元に、キスマークが付いているのを見つけた。
先生
俺以外の、、男?


違うよ、先生、

いや、違うかはないんだけど、、、


痴漢に付けられただけだから…別に。
先生
あなた、何か隠してるよね?

私は先生に手首を掴まれ、壁に押し付けられる。

強く握られて、、、


凄く痛いっ!
あなた

センセ、痛いよ。

先生
何隠してるか言うまで離さないよ。
授業も出さない。


どうやら先生は本気らしい。

だって、目が本気の目だもん。
狼さんの目??って言うのかな?


私の手首を握る強さはどんどん増していく。



言うしか…ないよね。
あなた

ち、痴漢された。

先生
えっ……。
先生は私の手首から手を離すと、私から3歩ほど下がって、膝をついた。

先生…??












先生
穢れたのか。
先生の声があまり聞こえなかった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆゆ
ゆゆ
ゆゆです サブ垢?裏垢?作りました!! 紫咲 菫▷user/6ffb3a+ 【連載中】 『バイバイ1軍様』 ※そのままの所で2章に入ります。 『まってよ先生。』 【不定期更新】 『掲示板…?的なものです。』 【完結】 『君が髪を切る時に』 『バイバイ1軍様』 『いれかわりラブレター』 【休載中】 『フォーエバーゲーム』 【連載予定】 ☆100ーーーありがとうございます!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る