無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

22
あなた

もう私、行くね!

沈黙に私は耐えきれなかった。


耐えきれなかったから…、、
自ら沈黙を破ってしまった。




無駄に明るいから元気な声は、先生と直生くんにどう聞こえているのかな??



松野先生
ちょっと、あなたちゃん!
教室を出た私の耳に入るのは直生くんが止める声。
先生の声は聞こえない。


そう、だよね。
きっと先生は……、、





私のこと、もう眼中にないんだ。

悲壮感。

とでも言うのかな??


何かを失って悲しい。
先生を失ったの?

先生からの愛情を失ったの?
何を、失ったのだろうか。


私は直生くんから逃げるように廊下を走った。


窓から立ち込めるオレンジ色の光。
部活動の生徒以外、誰もいないだろう。



うん、いないよ。
















ーーーバンっ!
あなた

すみませんっ!

私は生徒会室の前で、人にぶつかり、思わずかけてしまう。
ちらりと見れば、ぶつかった人の制服には生徒会バッチが付いている。


その人を押し倒してしまったようで、顔を上げて、顔を見ると、、


生徒会長の姿だった。
あなた

生徒会長っ!



私は素早く、生徒会長の上から退こうとする。



、、、退きたいのだけど、、


生徒会長の手が私の腕を掴んで離さなかった。
あなた

ちょっと、先輩っ!
話してもらわないと立てません!!

生徒会長
ごめん、もう無理。
耐えきられない。


そのまま腕を掴まれ連れ込まれたのは生徒会室。


一気に床に押し倒されると、鍵を閉めた音がした。


生徒会長
今から食べるから。
初対面であるはずの生徒会長の手は私の発育の良い胸を鷲掴みにした。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆゆ
ゆゆ
ゆゆです サブ垢?裏垢?作りました!! 紫咲 菫▷user/6ffb3a+ 【連載中】 『バイバイ1軍様』 ※そのままの所で2章に入ります。 『まってよ先生。』 【不定期更新】 『掲示板…?的なものです。』 【完結】 『君が髪を切る時に』 『バイバイ1軍様』 『いれかわりラブレター』 【休載中】 『フォーエバーゲーム』 【連載予定】 ☆100ーーーありがとうございます!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る