無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

579
2018/06/05

第8話

放課後。
桜田夢華
あなたちゃん~。
音楽室一緒に行こ~
あなた

夢華ちゃん~!!
いーよ✨

これから歌の練習のため、


音楽室へ。


夢華ちゃんとは仲良しのような気がする。
先生
今日はパート練習。
音楽部の人に聞いてしっかり練習してください。
侑李
あなた~。 
僕1人なんだけど~。
としゅんとして歩いてきた


侑李くん。


その後ろにそっと涼介くん。


涼介くんは"しーっ。"と


息をしずめている様子。
涼介
わぁ!!!
侑李
わぁ!!!
びっくりしたぁ~。涼介も歌練??
涼介
まぁな。
一緒に行こうぜ。いく相手いねぇーんだろ。
侑李
わぁーい!!
と言って侑李くんは連れてかれていた。


なんかいい感じかも(笑)
桜田夢華
あなたちゃんってさ、あの2人と仲良いの??
あなた

あ、まぁ。

桜田夢華
そーなんだ!!羨ましい♡
あなた

今度夢華ちゃんにも紹介するよ~‼

桜田夢華
ほんと?!ありがとう!!!!
彼女の目は輝きにあふれていた。


可愛い…。ぜったいもてるんだろうなぁ。
あなた

夢華ちゃんは、モテる?

桜田夢華
んー。どーなんだろ。
告白はあんまりないよ~
とにっこり。
あなた

じゃあ、すきなひt

桜田夢華
いるよ。
と言って視線は侑李くんと涼介くんに。
あなた

そーなんだ‼

桜田夢華
うん。良いよね~、
私付き合ってもすぐ振るからさ。
だけど、
と、少し悪く微笑んで
桜田夢華
あの2人だったら幸せになれるよねー
その言葉を放った瞬間私を睨んできたのは


気のせいだろうか…。