無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

547
2018/05/31

第7話

4時限目~体育~
2、3時限目が終わり4時限目の体育に。


私体育苦手なんだよね…、、。
侑李
わぁ~!!!!あなたっ~!!!
あなた

へっ?!

そう考えていたら後ろから侑李くんが 


おどかしてきた。


私と真逆に侑李くんはスポーツ万能。


そういえば涼介くんもそうだっけな…。
侑李
あなたくらいよ?体育なんだから楽しもうよぉ~。
あなた

私体育苦手なの…
メガネ当たって大変なことになったことあるし…。

メガネでけがしてそれからトラウマに


なってしまった自分。


すると、侑李くんが
侑李
👓えいっ!!
と言ってメガネを取った。


私は慌てて顔を隠した。
涼介
侑李‼あなたが嫌がってるからやめてあげなよ。
かわいそう。
と、指の隙間から見えた涼介くん。


少し怒ったような顔でそういった。
侑李
わかったぁー。。
あなたごめん。
あなた

いーよ‼(*´◇`*)

先生
並んでくださーい。
今日はリレー選手を決めます!
えー。とみんなの言う声。


そんな声を聞きながら


みんな50m走を走った。
先生
ではA組から発表する。


男子! 裕太、…侑李………。
女子! 夢華………。
補欠はあなた。
練習頑張ろう。


C組はまた後日。
補欠、補欠?!


え、もう普通に最悪。


多分走らないからいいか…


そう思いながらぼーっとしていた。


すると、
桜田夢華
あなたちゃんだっけ??
あなた

あ、うん。桜田さん?

桜田夢華
そうだよ~!!
しっててくれたんだぁ♡
嬉しい~これから仲良くしてね!
あなた

あ、はい。。。

桜田夢華
じゃあまた後でね♡
私は知らなかった。


この子が最悪な悪女であることを__。


この数時間後事件はおきる__。