無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

ep.35












ㅈ
俺、そんなこと言った覚えねぇしそもそもお前に告られた記憶ない


  ユア「え?泣で、でも私カトクで」



ㅈ
あ?カトクなんて交換してねぇだろ


  ユア「これ、ジョンハナからの返信」


ㅈ


  ユアちゃんのスマホの画面にはしっかりと

  別にいいけどという文字が


ㅁ
え、ガチじゃん
ㅈ
よく見ろ、これ俺じゃねぇから。4組のユンジョンハンのだから

  "4組の"ユンジョンハンとはユンくんと同姓同名。顔についてのコメントは控えさせていただきますが同姓同名だからと言って調子に乗ってるバカと学年ではいわれています
ㅁ
あ、ほんとだ


  さっきからちゃんとリアクションをとるみな

  そういうとこ好きです(

  そんな名井の目の前でスマホを見せていた

  キムユア様、顔が青ざめております
  ユア「もういい!泣」


ㅁ
なにがもういいんだよㅎㅎ






  うん、そっとしといてあげて^^(え)