無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

ep.22










6限の途中




私はとんでもないことを思い出してしまった





ㄴ
(ユンくんに返事しなきゃじゃんんん汗)





ゆ、ユンくんに言わなきゃ。

うん!頑張るんだあなた





先生「おい、あなた。何ユンのこと見てるんだ
好きなのか?」




ㄴ
えっ?!
ㄴ
い、いや。違いますよ、あはは





先生「じゃあ、授業集中しろ~」



ㄴ
はーい




やばいやばいやばい!!

先生タイミング!

ユンくんちょっと顔赤くなってんじゃん!!




ㄴ
(え、)






もしかして今の本気でとらえちゃった?






ㄴ
やばい