無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

ep.10





   ついに放課後がやってきました


   もう泣きます。怖いです。

   みなについてきてって言ったけど


ㅁ
私今日委員会なの。ごめんね、頑張れ!




   って言ってついてきてくれませんでした

   そんなこと思っている間に屋上つきました。

   怖いです本当に私殴られるんじゃないでしょうか




   ガチャッ



ㄴ
あ、あの〜ユンくんいますか?
ㅈ
来たか
ㄴ
は、はい。あのユンくん
ㄴ
すみませんでした!
私なにしたか分からないけど殴らないでくださいお願いします〜泣
ㅈ
 は?殴る?
ㄴ
 え、私殴られるんじゃ
ㅈ
 誰がそんなこと言った。
ㅈ
 俺はただ、これをお前に返そうと
ㄴ
 え?





ユンくんの手元には私がミンギュくんにもらったハンカチと傘




ㄴ
 え?!なんでそれ持ってるんですか?!
ㅈ
 お前、コンビニの前で貸しただろこれ
ㄴ
 はい、あの血だらけの子に
ㄴ
 え、もしかして、?





小さくうなずくユンくん。


え、まじか