無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

ep.34







突然聞こえた低い声にみんな一斉に

後ろを向く




ㄴ
あ、ユンくん
ㅈ
はよ、チョン
ㄴ
おはよ


さっき聞こえた

怒り口調とは違って

少し微笑みながら私に挨拶をしてくれるユンくん

このやりとりが事態をヒートアップさせてしまいます

ヨジャ「ゆ、ユンくん!この写真どういうこと?」

ヨジャ「ユンくんって、ユアと付き合ってるんじゃないの?」


ㅈ
は?付き合うわけねぇだろ。なんであいつなんかと付き合わなきゃいけねぇんだよ


お得意のけんかになると女子相手でもよく話すユン君

今の言葉を聞いたクラスで一番人気の女子

キム ユアは


ユア「この前、ジョンハナに告白したらいいよって言ってくれたじゃん!泣」



ㅈ
ん?


驚きすぎて素の"ん?"が出たユンくん

そして私の隣で笑いを必死にこらえてる親友

名井


ㄴ
ちょっと、みな今笑うとこじゃないからね?
ㅁ
いや、だって、何言ってんのあの子
ㅁ
あの子がユンジョンハンと付き合えるわけないのに笑笑笑笑




いや、普通にかわいそうなこと言うじゃん