無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

Story-33
亜嵐 side


隼と玲於と柚那があなたが乗っている
救急車へ行ったあと、
HIROさん
この後、仕事がある人は仕事を優先にしなさい
HIROさん
俺は病院へ行ってくるから
こう言った。

俺らGENE・AKIRAさん・HIROさん以外は各自仕事に戻った。

そして俺達は別れてタクシーに乗りあなたが搬送された病院へ向かった。



タクシー1 タクシー2

涼 運 HI 運
龍 裕 亜AKメ
どちらもタクシー内では沈黙が続いていた


いっぽう、救急車では
救急隊C
あなたさーん!聞こえますかー?
武部 柚那
武部 柚那
あなた!
まだあなたが返事をしなかった
小森 隼
小森 隼
あなた!目を覚まして!お願い!
佐野 玲於
佐野 玲於
あなた!!
そうしてる間にあなたが通院している
藤嶺総合病院へ着いた
救急隊C
皆さんは一旦こちらでお待ちください
小森 隼
小森 隼
はい…
隼 side

病院へ着き、あなたは緊急治療室に入っていった
武部 柚那
武部 柚那
なんであなたがこんなに…
小森 隼
小森 隼
柚那…
3人で話をしているとHIROさん達が病院へ来た。
白濱 亜嵐
白濱 亜嵐
隼!玲於!柚那!
小森 隼
小森 隼
亜嵐くん!
数原 龍友
数原 龍友
あなたは?
佐野 玲於
佐野 玲於
あそこ…
そう言って玲於は緊急治療室の方を指さした。
そこからまた、沈黙が始まった。
でも、今度は違った。
HIROさん
あー、!
あなたのダンスやっぱかっけーよな笑
HIROさんが発した言葉を聞いた瞬間、みんないっせいに顔を上げた。
HIROさん
そうだろ?
HIROさんは顔を上げた俺らに微笑みながらそう聞いた。
AKIRA
そうっすね。
めちゃめちゃイケイケでしたね笑
片寄 涼太
片寄 涼太
はい、笑
あんなかっこいいあなたを見るとドジっていうことが不思議に思えます笑
数原 龍友
数原 龍友
ホンマにな笑
中務 裕太
中務 裕太
俺もあなたと久々に踊りたいは!
白濱 亜嵐
白濱 亜嵐
ね!旅行も最近みんなで行けてないしな
関口 メンディー
関口 メンディー
隼、玲於、柚那は?😁
武部 柚那
武部 柚那
私は…早くあなたと久々に遊びたいです😊
HIROさん
柚那もあなたも忙しいもんなー、隼?
小森 隼
小森 隼
僕は…早く珈琲巡りしたいですね😋
数原 龍友
数原 龍友
ホンマに好きやなお前ら2人は笑
玲於?
佐野 玲於
佐野 玲於
…。なにこのリレー感、
俺は早くあなたに言いたい事があるな笑
AKIRA
玲於も大人の男になったなー笑
佐野 玲於
佐野 玲於
もぉー、AKIRAさん!笑
みんな
(*^□^)ハハッ
亜嵐 side


今回はHIROさんのおかげでみんな笑顔になった。

あなた!あとはお前だけだぞー!