無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

Story-32
玲於 side


俺はあなたがこのダンスバトルで勝ったのが嬉しすぎて超上がってた。

すぐにあなたのトコへ行き、自然と肩を組んだ。

他のみんなもあなたの場所へ駆け寄ってきて、みんなではしゃいでた。

そんな中、急にあなたが…
バタッ
倒れた…。
みんな
あなた!?
俺の体に倒れ込んだあなたの身体はとても熱い。
HIROさん
玲於あなたの事離すなよ!
佐野 玲於
佐野 玲於
は、はい!
小森 隼
小森 隼
あなた!!どうしたの!?
小森 隼
小森 隼
あなたーーーー!!!
AKIRA
隼落ち着け!
小森 隼
小森 隼
だって!あなたが、
佐野 玲於
佐野 玲於
熱い
小森 隼
小森 隼
えっ?
佐野 玲於
佐野 玲於
救急車…、HIROさん!救急車!!
数原 龍友
数原 龍友
なんや!玲於あなたの身体が熱いんか!?
佐野 玲於
佐野 玲於
熱いどころじゃない!
佐野 玲於
佐野 玲於
早く!早く!
HIROさん
玲於!呼んだから。な?だから大丈夫。
亜嵐 side


あなたが倒れてみんなが焦ってる。

そんな中HIROさん・AKIRAさん先輩方は冷静に救急車を呼んだり玲於や隼を落ち着かせてる。

スタッフ
救急車来ました!
救急隊A
道開けてください!
佐野 玲於
佐野 玲於
早く、早くあなたを病院に!
救急隊A
分かってます
だから落ち着いてください
白濱 亜嵐
白濱 亜嵐
玲於、今は救急隊の人に任せよ
佐野 玲於
佐野 玲於
っ、うん
救急隊A
あなたさん!浅田あなたさん!
分かりますか?
あなた
あなた
・・・
救急隊A
反応が無い
タンカーまだ!?
救急隊B
持ってきました!
救急隊A
いくよー
救急隊
1.2.3
救急隊B
皆さんー、道開けてください!
ガラガラ
HIROさん
あなたは?
救急隊A
今から救急車で藤嶺ふじみね病院へ搬送します
佐野 玲於
佐野 玲於
HIROさん!俺着いて行きます!!
関口 メンディー
関口 メンディー
玲於!
佐野 玲於
佐野 玲於
だって俺あなたが!
HIROさん
分かった
HIROさん
玲於と隼と柚那は一緒に乗っていけ
武部 柚那
武部 柚那
私も良いんですか!?
HIROさん
俺からのお願いだ
武部 柚那
武部 柚那
分かりました
救急隊A
それでは着いてきてください
柚那 side


あなたが倒れてパニック状態の私、


頭が真っ白に。


でもE-girlsのみんなが落ち着かせてくれ


我に返った。


そしらたHIROさんが一緒に救急車に乗っていけと。


私も正直あなたの傍に着いていてあげたかったから良かった。






----- あなた!