無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

Story-25
由美 (マネ)
由美 (マネ)
あなた!着いたよ
あなた
あなた
ありがと!
由美 (マネ)
由美 (マネ)
私は車の中で待ってるから終わったらここに来てね
あなた
あなた
はーい
由美 side

あなたが車から降りて病院の入口へと歩いていった。
正直一緒に行こうかと悩んだが1人で行かせた
〜病院の受付にて
あなた
あなた
すみません
あなた
あなた
浅田あなたなんですけど
病院の受付の人
かしこまりました。このまま3番の
診察室ヘどうぞ
あなた
あなた
はい
トントントン

ガラガラ
あなた
あなた
失礼します
病院の先生
おっあなたちゃん、仕事の合間にごめんね
あなた
あなた
いえいえ、私の問題なんだから笑
看護師さん
違うよそれは、
あなた
あなた
…成宮さん…
看護師さん
時にはね甘えることも大切なのよ、
あなたちゃん
あなた
あなた
え?
看護師さん
あなたちゃんだけの問題じゃなく周りの
人達みんなの問題なのこれは
あなた
あなた
どういうことですか…?
看護師さん
だってあなたちゃんが元気なかったら私も先生も元気なくなるもん笑ね?先生
病院の先生
そうだな笑、そうだよ!だから一緒に頑張ろ!
あなた
あなた
成宮さん、先生!ありがと
あなた
あなた
私、頑張るね笑
看護師さん
うん!
あなた
あなた
先生、で結果は?
病院の先生
それが…、あなたちゃんは今、自律神経が崩れてきてる
あなた
あなた
でも、自律神経が崩れてきてるのは前からじゃ!
病院の先生
そうだよ、先生ねまだあなたちゃんが大阪に居てる時に通ってた病院の先生から色々聞いてたんだ。あなたちゃんの症状などについて
あなた
あなた
私、大阪に居た時から!
看護師さん
あなたちゃん、最後まで先生の話聞こ…ね、
あなた
あなた
…はい
病院の先生
それを聞いて先生は"自律神経失調症"と診断したかった。でも直ぐに言えなかった。ごめんね。あなたちゃんは
自律神経失調症なの
あなた
あなた
…私も薄々気付いてました、自分が自律神経失調症だということに
病院の先生
どうして
あなた
あなた
私ね、中2の時からもっと自分の病気について知りたかったのそれでネットで色々調べてた。そしたら自律神経失調症に結構当てはまったの自分の症状が…。
病院の先生
そうだったのか…。自律神経失調症。先生が今日あなたちゃんにそう診断した。
あなた
あなた
うん。私、朝の電話で成宮さんの声聞いてなんか言われるなとは思ってた
看護師さん
あなたちゃん…
あなた
あなた
私はみんなとはちょっと違うけど、これは私1人の問題じゃ無いんでしょ?
病院の先生
そうだよ
あなた
あなた
それじゃ!早くみんなのためにも治さないとね笑
病院の先生
そうだな!先生もできることがあれば何でもするよ、頼ってな
あなた
あなた
ありがと!先生
っていうか前にも一緒の事言ってなかった?笑
看護師さん
ホントにね笑
病院の先生
ま、いいじゃん笑
仕事は?まだあるだろ?頑張ってね
あなた
あなた
はい!先生達もね
あなた
あなた
ありがとうございました
ガラガラ
私は診察室から出て車に戻った
あなた
あなた
由美戻ったよ
由美 (マネ)
由美 (マネ)
どうだった?
あなた
あなた
ちょっとね笑
由美 (マネ)
由美 (マネ)
ちょっとなに?
あなた
あなた
心配性やなー由美は
由美 (マネ)
由美 (マネ)
私はあなたが大切やから心配すんの
あなた
あなた
由美…、ありがと
由美 (マネ)
由美 (マネ)
うん、でどうだった?
あなた
あなた
自律神経失調症って言われた
由美 (マネ)
由美 (マネ)
そっか
あなた
あなた
…うん…
由美 (マネ)
由美 (マネ)
どんなあなただって変わらず好きだよ笑
由美 (マネ)
由美 (マネ)
だからほら!笑って欲しいな?😊
あなた
あなた
由美!私も大好きだよ!😁😁
由美 (マネ)
由美 (マネ)
よし!😁事務所戻ろっか!
あなた
あなた
そうだね!