無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第58話

Story-56
由美 (マネ)
由美 (マネ)
もー、あなたったら………。



ん?


由美が黙り込んだ。

あなた
あなた
由美?
由美 (マネ)
由美 (マネ)
あっ、ごめんごめん!笑
あなた
あなた
黙り込んでたけど大丈夫?
由美 (マネ)
由美 (マネ)
大丈夫大丈夫!
あなたこそ、怪我しないでねー笑
あと、20分くらいしたら呼びにまた来るから
あなた
あなた
はーい!
そう言って由美は楽屋から出てった。


由美、なんか気付いたかな…?


山井 マリカ
山井 マリカ
ねー、そこのお姉さん
山井 マリカ
山井 マリカ
どうしてそんなに人の事心配しているひまがあるの!‪?w
バン!
ドン!
あなた
あなた
わっ、!
あなた side




由美のことを考えているすきに





次々と私のことを殴ってきたり蹴ってくる山井さん。




その度に私の体には痣や擦り傷ができた。






痛い。辛い。




━━━━━━━━━━━



撮影が終わり私は帰宅。

怪我まみれで帰ってきた私。


普段からあまり肌を見せるのが嫌いな私は短パンやスカートを履かないから周りの人にも気付かれない。



家に着いてすぐ、お風呂場に行った。



服を脱ぎ、鏡の前で立ち止まった私は自分でもビックリするぐらい胸が苦しくなった。







だって鏡にうつる自分の体が痣や傷で汚れていたから。

あなた
あなた
クッ…


シャワーを浴びるたび体中に染み渡る痛み。


お風呂からあがり、いつもならご飯を食べる時間。


けど食欲も無ければ何もしたくない。


ただ、じっとしときたい。