無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

Story-26
事務所に着き私は由美と楽屋に戻った
あなた
あなた
んー!お腹すいた!
由美 (マネ)
由美 (マネ)
そっか、あなたお昼まだだったね笑
あなた
あなた
由美は食べたん!?
由美 (マネ)
由美 (マネ)
実は車の中で…笑
あなた
あなた
もー笑
由美 (マネ)
由美 (マネ)
(o´罒`o)ヘヘッ♡
あなた
あなた
あ、由美次の仕事は何時から?
由美 (マネ)
由美 (マネ)
次はもう無いかな、だからダンスバトルまではフリーだよ
あなた
あなた
了解
トコトコ
由美 (マネ)
由美 (マネ)
どこ行くの?
あなた
あなた
お昼でも食べに行ってくるは
由美 (マネ)
由美 (マネ)
気を付けてね!
あなた
あなた
うん!
ガチャ
私は1人ご飯を食べに行くのに事務所の廊下を歩いてた

すると、後ろから
バタバタ
佐野 玲於
佐野 玲於
あなたー!
玲於に呼ばれてた。でも、私はその時自分の病気が1つ増えたことでボーっとしていた。
あなた
あなた
……。
佐野 玲於
佐野 玲於
おーい!
あなた
あなた
……。
バン

玲於は私の隣に駆け寄って肩をたたいてきた

佐野 玲於
佐野 玲於
あなた!聞こえてる?笑
あなた
あなた
わっ!玲於!!
あなた
あなた
びっくりしたー笑
佐野 玲於
佐野 玲於
めっちゃ名前呼んでたんだけど?笑
あなた
あなた
そうだったんだ笑
ごめん、全然気付かなかった
佐野 玲於
佐野 玲於
いや、いいんだけどさ、
あなた
あなた
どうしたの?
佐野 玲於
佐野 玲於
今から昼飯食べに行くんだけどあなたも
一緒にどう?
佐野 玲於
佐野 玲於
ちなみに俺と隼と亜嵐くんとね
あなた
あなた
他のみんなは?
佐野 玲於
佐野 玲於
俺らラジオだったから他のみんなは先に食べてたらしい
あなた
あなた
そうなんだ…じゃー行こっかな笑
佐野 玲於
佐野 玲於
そーこなくっちゃ笑
あなた
あなた
ところで亜嵐くんと隼は?
佐野 玲於
佐野 玲於
あー、亜嵐くんはトイレで隼は知らん笑
とりあえずここ集合だから
あなた
あなた
そうなんだ…
佐野 玲於
佐野 玲於
ヽ(・ω・`)ポンポン
あなた
あなた
わっ!なに!
佐野 玲於
佐野 玲於
何があったのかは知らないけど、あきらかいつものあなたじゃないのは分かるよ笑
あなた
あなた
玲於…
ギュ!
佐野 玲於
佐野 玲於
ちょ//、え!///
佐野 玲於
佐野 玲於
待てお前//こ、ここ事務所
玲於 side

急にあなたが抱き着いてきた//
俺は焦り過ぎてどうすればいいか謎!
ちょっとぉーーー///
小森 隼
小森 隼
玲於ー、おまたs…
白濱 亜嵐
白濱 亜嵐
ごめん!遅くなっt…ドン
白濱 亜嵐
白濱 亜嵐
痛っ!隼なに立ち止まってんの…って、
えーーーーーーー!
佐野 玲於
佐野 玲於
亜嵐くん、隼//
隼 side

いや、玲於の顔が真っ赤過ぎ笑
あなた
あなた
玲於、誰?
あなた
あなた
わ!亜嵐くん隼!
白濱 亜嵐
白濱 亜嵐
俺らを見ても玲於からは離れないのね笑
あなた
あなた
うん、なんか安心するの
小森 隼
小森 隼
そっか
佐野 玲於
佐野 玲於
と、とりあえずは、はやく行こ!//
白濱 亜嵐
白濱 亜嵐
そうだね笑
佐野 玲於
佐野 玲於
ほら、あなたも
あなた
あなた
うん!
私は玲於から離れ、4人で近くのお店に入った