無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第68話

Story-66
ホテルのフロントで受付をしていると


聞いた事のある声が


スタッフ
あれ?あなたちゃん?笑
あなた
あなた
ん?
名前を呼ばれた方向に体を向けると、
GENEのLIVEチームのスタッフさんが…(笑)
あなた
あなた
わ!偶然(笑)
どうもー!お疲れ様です
スタッフ
え!?もしかしてここに泊まるの?
あなた
あなた
はい!(笑)
母ともう1人連れと
あなた
あなた
もしかしてとかあります?笑
スタッフ
そのもしかしてです‪w
ママ
あなたー、受付終わった?
あなた
あなた
あ!ママママ
この方GENEのスタッフさん
ママ
え、そうなの!?
あなたの母です
スタッフ
あの、存じております!
よく詩織しおりさんと隼也しゅんやさんの服着させてもらってるんですよ!

詩織しおりさんとは私、あなたのママ。
隼也しゅんやさんとは私、あなたのパパ。
ママ
本当ですか!?
ありがとうございます!^^*
新井ララ
もしかして今着てる服も…?
スタッフ
はい!そうなんです‪(笑)
去年の冬モデルのセーターで
あなた
あなた
ホントだ!
スタッフ
あ、じゃなくて‪wあなたさん!
今GENEのみんなは会場でリハしてるよ?
あなた
あなた
あ!そうなんですか?‪w
なんかごめんなさい、足止めしちゃって
スタッフ
いえ、詩織さんに会えて嬉しかったんで
実は玲於さんの忘れ物を取りに来てて
スタッフ
これなんですけど(笑)
あなた
あなた
あ〜(笑)リハ着
スタッフ
はい、笑
スタッフ
良ければ一緒に届けに行きます?
あなた
あなた
でも、リハ中には…(笑)
ママ
え?行こうよあなた
新井ララ
うんうん、私も行きたいな
あなた
あなた
は!?
ママ
え、だって久々にみんなと話したいじゃん?ねぇー?ララ
新井ララ
うんうん笑
スタッフ
決まりですね‪w
あなた
あなた
は、はい…笑
お願いします

変な流れで私達はスタッフさんの車に乗り、
リハ中の会場へ向かった


亜嵐 side



今俺たちは今日の夜にむけ朝からリハへ


中国で朝を迎えるのも慣れてきた


一昨日にあなたから上海の初日行けなくなったってLINEを見た瞬間にみんなの口から「えー!!!」っていう叫び声が…(笑)


そして玲於よw


玲於の顔が一瞬にして暗くなった


みんなが慰めているけど、誰もかも笑っちゃう

佐野 玲於
佐野 玲於
( ˙-˙ )
数原 龍友
数原 龍友
ちょ、玲於そろそろ真顔やめろや(笑)
片寄 涼太
片寄 涼太
今日のLIVEからあなた来るんでしょ?
佐野 玲於
佐野 玲於
うん
白濱 亜嵐
白濱 亜嵐
だから元気だして!(笑)
佐野 玲於
佐野 玲於
だって開演までまだまだじゃん〜
関口 メンディー
関口 メンディー
それでm
佐野 玲於
佐野 玲於
メンさんはうるさいっす
みんな
爆笑

拗ねている玲於でもメンさんにはキツく(笑)

そんな中、
小森 隼
小森 隼
うぉ!え!
数原 龍友
数原 龍友
なんや?めっちゃ隼が廊下で叫んでるで
玲於 side


昨日あなたが来れなくなって落ち込んでます。


今日来るとは思うけどやっぱ早く会いたいじゃん?


はぁ〜


てか、隼うるさい


廊下から隼の叫び声がどんどん近付いてくるし‪w


ガチャ!


小森 隼
小森 隼
ねぇ!!
中務 裕太
中務 裕太
なんや?(笑)
小森 隼
小森 隼
あなたがね!あなたが!
佐野 玲於
佐野 玲於
は!?ちょお前どけー!

俺は隼の口からあなたの名前を聞いただけで、
ドアの近くに居る隼をおしのけ廊下へ出た




そこには会いたくてしょうがなかったあなたの姿が…