無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第79話

Story-77
あなた side


ん〜。


眩しいな、ここどこだろ?


ベッドの上?


そうだ、昨日酔って寝ちゃったんだ。


隼が連れて帰ってくれたんだ。


にしても気持ち悪い、これが二日酔いっていうやつ?
ヤバ、無理!


トイレ!
私は、トイレに駆け込んだ。
あなた
あなた
オェェェェェ-泣
玲於 side


今日は太陽の光で早くに目が覚めた。


隼の家は第2の家みたいなもんだからだから勝手に水をコップにくみ、ソファーに座った。


すると急に廊下の方からドタドタと足音が…。


隼か?いや違うな…。


それじゃ。あなたか(笑)


俺はだいたい予想ができた。


どうせ初めて酔っ払って気持ち悪くなったんだろう。


いちよう、ウェッティーだけ持ってトイレに俺も向かった。
案の定、トイレのドアは半開き状態で嘔吐してあるであろう音が聞こえる。
トントントン
佐野 玲於
佐野 玲於
あなた大丈夫か?
あなた
あなた
れ、お?泣
佐野 玲於
佐野 玲於
そうだよ
どう?まだ気持ちwa…!
ギュ
急にトイレから出てきて俺に抱きつくあなた//
佐野 玲於
佐野 玲於
ちょ、おま、あなた
あなた
あなた
ヒック
佐野 玲於
佐野 玲於
泣いてる?
あなたは静かに頷いた
あなた
あなた
お酒って怖いんだね泣
佐野 玲於
佐野 玲於
(笑)
ダメだは(笑)

こいつ朝から笑かしあがって!‪w
あなた
あなた
笑わないでよ〜泣
佐野 玲於
佐野 玲於
ごめんごめん、大袈裟すぎ(笑)
でも昨日のは仕方ない。次からは気を付けて飲も?
あなた
あなた
うん
なんとか解決し、いいタイミングで隼も起きてきた。


あなたが朝ごはんを作り、隼が珈琲を淹れ、俺は待つ。(笑)


3人で仲良く朝ご飯を終えた。
あなた
あなた
あれ?隼どっか行くの?
小森 隼
小森 隼
うん、仕事
あなた
あなた
そっか、頑張ってね!
小森 隼
小森 隼
Yes!
あなた
あなた
行ってらっしゃい!
あなた side


隼が仕事に行った。

佐野 玲於
佐野 玲於
隼行った?
あなた
あなた
うん
佐野 玲於
佐野 玲於
じゃ、俺らも行くか
あなた
あなた
え!?どこに!
佐野 玲於
佐野 玲於
どこがいい?‪(笑)
あなた
あなた
好きなとこ行けるの!?
佐野 玲於
佐野 玲於
まぁ、誕生日祝いを兼ねて?
あなた
あなた
よっしゃー!
元気すぎだし‪w
佐野 玲於
佐野 玲於
で、どこ?
あなた
あなた
ん〜、服屋!
佐野 玲於
佐野 玲於
決まりだな!行くぞ!
俺たちは準備をし隼の家を出た。
【in タクシー】
佐野 玲於
佐野 玲於
なんだかんだ言って、初デートじゃね?
あなた
あなた
そういえばそうだね!
俺はあなたの手を握った
あなた
あなた
っ、///
佐野 玲於
佐野 玲於
顔真っ赤ですけどぉー?(笑)
あなた
あなた
だって玲於が!//
佐野 玲於
佐野 玲於
俺が何?(笑)
あなた
あなた
なんもないし!
こいつやっぱ面白いは(笑)
佐野 玲於
佐野 玲於
お、着いたな
これでお願いします
あなた
あなた
いいよ玲於、
タクシー代私が出す
その瞬間俺はあなたの財布を奪った。
運転手さん
ありがとうございましたぁ