無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

Story-49

あなた side




あなた
あなた
おはようございます
受付嬢
受付嬢
あなたさん、おはようございます😊

いつも受付嬢の人かわいいし綺麗よな〜


私とは比べれないくらいに…笑


玲於もあんな人がタイプなんかな?


あー!、もう


そんなこと考えへん!


仕事!仕事!


ガチャ
あなた
あなた
おはよう
由美 (マネ)
由美 (マネ)
あ!あなたおはよ!
由美 (マネ)
由美 (マネ)
あのね!
今日の仕事、午前と午後の1時までの会議もだけだから空港にすぐ行けんで!
あなた
あなた
ホンマに!?
由美 (マネ)
由美 (マネ)
うん!
あなた
あなた
由美ありがとう!
由美 (マネ)
由美 (マネ)
あなたがいつも熱心に仕事をしてるからやで!
あなた
あなた
へへっ、ありがと笑
あ、今日は山井さん来やんの?
由美 (マネ)
由美 (マネ)
流石に会議にはまだ無理やけど、
昨日あなたさんと話す約束したので来ますー!って言ってたで?

そうだった…


山井さんと2人で話す約束したんだった、


もー!私のアホ!


何も起きませんように。
スタッフ
あなたさーん、由美さん!
会議始めますよ!
由美 (マネ)
由美 (マネ)
はーい!
あなた
あなた
行こっか
由美 (マネ)
由美 (マネ)
そうだね


私達は今会議室にて私が次にする予定の


LIVE TOUR "We are the some human"


についての話をしている


スタッフ
ステージ構成は今のところこの様な感じにする予定ですが
あなた
あなた
めっちゃいいじゃないですか!
あ、でもこの辺をもう少しこうして欲しいです
スタッフ
了解です

2時間ほど経った


会議も順調にすすみ、


今日の分はいちよう終えた


由美 (マネ)
由美 (マネ)
あなたー、今日はこれで終了やから山井さんと話したらすぐ空港に向かいや!
お疲れ様
あなた
あなた
由美ありがとう!
そうするは、由美もお疲れ様ー

私は由美と別れ、


山井さんがいる部屋に行った

あなた
あなた
山井さん話って何?
山井 マリカ
山井 マリカ
あっ笑
やっと来たし
山井 マリカ
山井 マリカ
あんたさー、GENEから距離置いてくんない?
あなた
あなた
なんで?
山井 マリカ
山井 マリカ
私がGENEと仲良くなりないから
あなた
あなた
嫌だ、
山井 マリカ
山井 マリカ
は?笑
笑わせんな、お前の為に言ってんの
あなた
あなた
私のためか分からないけどそれは無理、
山井 マリカ
山井 マリカ
やっぱお前は殴られないと分からないの?笑
あなた
あなた
また殴るの?
山井 マリカ
山井 マリカ
お前が言うこと聞く限り
まただ、


なんでこんなことになってるのか


自分で分からなくなってきた
あなた
あなた
好きにすれば?
 
私のアホ!


なんてこと言ってんだろ

山井 マリカ
山井 マリカ
言ったよ?
お前には痛い思いたくさんアジ合わせてあげる
バン!

山井さんは私に向かって来て、


胸ぐらを掴み後ろにある壁に私を突き放した
あなた
あなた
っ、
山井 マリカ
山井 マリカ
無様な姿‪w
あっ、まだ腰痛かったんだねー笑
なんなの!


悔しい、


腰が痛い、
山井 マリカ
山井 マリカ
ほら、早く距離置きますって言えばいいだけなんだよ!
あなた
あなた
っ、こんなことしても私は言わない!
めげないって言ったよね?
山井 マリカ
山井 マリカ
ちっ!お前!ふざけんな
私は全身の力を入れ立ち上がった
あなた
あなた
私はこれで失礼しますお疲れ様
山井さんの言葉には無視して私は部屋を出ていった
ガチャ