無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

155
2021/07/05

第4話

大介
つまんなーい。なんかないかな~
俺は大介。普通の人間。

俺は、周りからは普通ではない生活を送っている。



それは、俺の家は王国の中にあるから
いつも同じようなことしかしなくてつまらないから、

今はお散歩してる
大介
何しようかな

と思いながら、歩いていると目の前からとても美しい女性が歩いてくる
大介
かわいい
みつき
みつき
(なんかあの人こっち見てる)
大介
あのー
みつき
みつき
なんでしょうか
大介
あなた可愛いですね
みつき
みつき
ありがとうございます。
大介
初対面であれらのですが、今度どこか2人で行きません?
みつき
みつき
いいですよ

この日から、俺とみつきちゃんは仲良くなった
大介
ねぇ、みつきちゃんの家に今度行ってみたいんだけど
みつき
みつき
ごめん、私さここから家遠くて親戚の所にいるからさ
大介
そっか。なら、いいや。

いつもこう質問するとみつきちゃんは、親戚に引き取られてるって言う。


でも、1つ疑問なのが嘘ついてる気がすること