無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

119
2021/07/07

第5話

みつき
みつき
う‘’
大介
どうしたの?
みつき
みつき
なんでもないよ。はぁはぁはぁはぁ.....。
大介
なんでもなくないでしょ?
大量に汗かいてるじゃん
みつき
みつき
そんなでも.....。フラッ(私は意識を失った)

そのあとどうなったかわ。知らない
1時間後
みつき
みつき
ん''?ここは
大介
目を覚ましたんだね。よかった
みつき
みつき
なんで.....。
大介
みつきちゃんが急に倒れて、
熱ありそうだったから近くの小屋で体冷やしてたんだ
みつき
みつき
ありがとう
大介
ねぇ、みつき。
本当のことを俺に言ってくれない?

この言葉を聞いて、もう黙り続けるのは無理だと思った
大介
俺さ、見ちゃったんだよね。
みつきの羽を