無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

134
2021/07/10

第6話

みつき
みつき
わかった。本当のこと話すよ

ようやく本当のこと言ってくれる
みつき
みつき
私の今の子の姿は本当の姿ではない
大介
えっ.....。?どういうこと
みつき
みつき
本当の姿は

バサッ
みつき
みつき
この姿なんだよ
大介
[えっ?鳥?みつきが鳥?]
みつき
みつき
びっくりだよね。私は人間じゃないんだよね
大介
鳥の村から来たの?
みつき
みつき
知ってるのね。私の村のこと
みつき
みつき
私たち鳥は人間に恐れていた。
外の世界にいたら人間に殺される。
そう思っていた。
大介
じゃあ、みつきはなんでここに来たの??
みつき
みつき
実は私の両親が人間に囚われていて
助けにこようとしていたから。
大介
俺、なんか聞いたことある気がする
みつき
みつき
場所知ってるの?教えて
大介
わかった。こっから遠いけどどうしようかな
みつき
みつき
それなら、私に乗って
大介
今から行くところは見張りがいるんだよ?
大丈夫なの?
みつき
みつき
気を付けていくから