無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第57話

Party of a shudder2
某日、N県警本部。 
「おい君、東條彰子はいつまで有給休暇を取っているんだ?」
「おはようございます、本部長。報告によりますと今月一杯は…」
「噂だがね、どうも奴と付き合っているらしい」
「まさか…」
贅沢な本部長室。贅をつくした部屋に国旗が飾られていた。ふと卓上に目を移すと紙袋が乗せられていた。現なま。しかし何故本部長はこれ程のカネを用意できるのだろうか?やはり噂は事実なのかもしれない。
「奴は既に気づいているだろうな。只1つ気になる報告がある」
「何でしょうか」
本部長の口から洩れたのは地方検察庁の松崎検事が行方不明だという。
「それが奴と関係があるとでも…」
「いや、まだ確証がない。只この時期に京都府警から1人の配属者があるということだ。部所は公安だよ」
「………」
何かが動き出している。1つの過ちがもたらしたことの代償、それが奴に関わっていることであるなら…。
「判っているね」
そう言うと卓上の紙袋を手渡された。
「10束ある。Sを振る活用することだ。特にあの男は現なまに弱い」
「しかしながら、最近上からの指示なのか奴等は口が硬いのです。特に奴に関しては」

●警察本部(けいさつほんぶ)は、都道府県警察の本部である。「都道府県警察」とは、警察法2条に定める事務を執り行うため当該都道府県が設置した組織であり、その中枢が「警察本部」である。警視庁は東京都特別区域内に、道府県警察本部は道府県庁所在地に置く。 皇宮警察本部は皇宮警察本部項目を参照。
日本の警察は、国家公安委員会と都道府県公安委員会による公安委員会制度を定めて民主的運営と政治的中立性を確保[要出典]し、警察庁と都道府県警察の役割分担により全国一律・画一的な調整機能と自律的・地方分権的警察運営の実現を企図[要出典]している。都道府県公安委員会管理の下に置かれる都道府県警察が執行事務を一元的に担い、都道府県警察の本部が警察本部である。 警察本部は、都警察では警視庁、道府県警察では道府県警察本部と呼称される。 警察本部の長は、警視庁においては警視総監、道府県警察本部においては警察本部長である。警視総監及び道府県警察本部長は、それぞれ、都道府県公安委員会の管理に服し、警視庁及び道府県警察本部の事務を統括し、並びに警視庁及び道府県警察の所属の警察職員を指揮監督する。警視総監は、首都に集中する各国大使館、首相官邸、国会、最高裁判所など国家機関警備事務も監督するため、国家公安委員会が都公安委員会の同意の上に内閣総理大臣承認を得て任免する。警察本部長は、国家公安委員会が道府県公安委員会の同意を得て任免する。

警察本部と都道府県知事[編集]
都道府県警察は都道府県公安委員会の「管理下」にあり、都道府県公安委員会は都道府県知事の「所轄下」に置く。 警視庁及び道府県警察本部は、都道府県公安委員会管理の下で都警察及び道府県警察事務を司り、都道府県公安委員会を補佐する。警視総監及び道府県警察本部長は、都道府県公安委員会の管理に服し、警視庁及び道府県警察本部事務を統括し、都警察及び道府県警察所属警察職員を指揮監督する。 都道府県知事と都道府県警察の間に、合議制行政委員会の都道府県公安委員会を挟み、警察職務執行の民主的運営と政治的中立性を図っている[要出典]。
警察本部と警察庁[編集]
日本の警察は、内閣総理大臣所轄の下に国家公安委員会が置かれ、その管理下に特別機関として警察庁が置かれる。国の組織である警察庁は、警察制度の企画立案、国の公安に係る事案についての警察運営、警察活動の基盤である教養、通信、情報収集と分析、鑑識等に関する事務、警察行政に関する調整等を行う。警察庁の長である警察庁長官は、国家公安委員会管理の下で警察庁の所掌事務につき都道府県警察を指揮監督する。
都道府県知事と都道府県警察の間に、合議制行政委員会の都道府県公安委員会を挟み、警察職務執行の民主的運営と政治的中立性を図っている[要出典]。
警察本部と警察庁[編集]
日本の警察は、内閣総理大臣所轄の下に国家公安委員会が置かれ、その管理下に特別機関として警察庁が置かれる。国の組織である警察庁は、警察制度の企画立案、国の公安に係る事案についての警察運営、警察活動の基盤である教養、通信、情報収集と分析、鑑識等に関する事務、警察行政に関する調整等を行う。警察庁の長である警察庁長官は、国家公安委員会管理の下で警察庁の所掌事務につき都道府県警察を指揮監督する。 都道府県警察は、個別事件の捜査等「執行事務」を一元的に担う都道府県公安委員会管理下組織であり、国家公安委員会や警察庁の地方機関ではなく、警察庁地方機関は管区警察局などが設置されている。執行事務のうち警察庁所掌事務は長官の指揮監督を受け、警察本部の幹部人事・運営の面でも警察庁の強い影響下[要出典]に置かれる。また、県警本部長就任者のうち、ほとんどは警察庁出身者である。
構成[編集]
都道府県警察には警察官その他所要の警察職員が置かれる。警視総監及び警察本部長を初めとする警視正以上の階級にある幹部警察官は、国家公安委員会が任免権を有する一般職国家公務員である地方警務官で、都道府県知事には任免権と懲罰権がない。それ以外の都道府県警察の職員は、地方警察職員と呼ばれる都道府県公務員である。 都道府県警察には本部組織、警察学校、警察署、交番などが置かれる。本部組織は警察法施行令基準に従い各都道府県条例で定める。必置部署として警務部、生活安全部、刑事部、交通部、警備部の5部を置く。人口や犯罪発生状況その他応需により、警務部所掌事務のいくつかを分掌する総務部、地域警察その他警らを所掌する地域部、公安警察を所掌する公安部、暴力団や外国犯罪集団など組織犯罪取締りを所掌する組織犯罪対策部が置かれる。2013年8月現在、警視庁のみに警視庁公安部、警視庁に組織犯罪対策部、福岡県警察に暴力団対策部、兵庫県警察など大都市圏警察本部刑事部に「組織犯罪対策局」など組織犯罪対策部署が部課中間組織として置かれている[要出典]。
都道府県警察組織は、都
警察組織、道警察組織、府警察の3大規模警察本部[要出典]、政令指定都市を包括する宮城・埼玉・千葉・神奈川・新潟・静岡・愛知・兵庫・広島・岡山・福岡・熊本の12指定県警察組織、指定県以外31県警察組織、の4類型に大別[要出典]される。都警察は本部を警視庁、長を警視総監、副総監と呼称し、公安部や組織犯罪対策部を置く。
道警察は区域を5つの方面に分け、各方面に方面公安委員会と方面本部長が長の方面本部を、方面本部に基本的な5部を置く。府警察及び指定県警察組織は、政令指定都市区域内の警察本部事務分掌のために市警察部を置く。指定県以外の県警察組織は、県公安委員会委員3名で、基本的5部体制である。
「いいか、あの御方の計画はどうしても遂行しなければならない。ところが今政府は自衛隊を国防軍案を提案している。いいか、奴は生かさず殺さずだ」
本部長がそう言い終えた時に卓上の電話が鳴った。
「何だね」
「電話があり、そちらにお繋ぎします」
「誰からだね?まあいい繋ぎたまえ」
暫くすると相手の通話が可能になった。本部長の指が録音ボタンを押していた。
「本部長の大竹だが」
「早上好。是从早上開始騷然不安的話。那麼又(ザオ シャン ハオ。シ- ツォン ザオ シャン カイ シ- サオ ラン ブ- アン ダ ホア。ナ- マ ヨウ)」
「何を言っているんだ君は!!ちっ、切りやがった」
「何ですか、本部長」
「恐らくチャイナだろ。中国語の判る奴を呼んでくれたまえ」
「それなら、多少なら私が」
「うむ」本部長がそう言うと再生を始めた。

早上好。是从早上開始騷然不安的話。那麼又

「本部長、盗聴されています」
「……?何と言っているんだね」
「はい。『おはようございます。朝から物騒なお話ですね。ではまた』と訳することになりますが」
「ちっ!!発信地は恐らく無理だな。徹底的に内部調査にあたってくれたまえ。盗聴なら恐らく…」
本部長が言わんとしていることが判る。公安――、東條彰子の拉致未遂は明らかにミスであった。


右手の拘束具だけ外され、吊るされていた鎖が降ろされ私は排尿で汚れた地面にしゃがんでいた。
「ごめんね、ジャスミンティーでなくって」
そう言い彼女はコーヒーとパンを乗せたトレイを置くや、私から遠退いた。屈辱感と虚脱感が重なりあい、コーヒーにさえ飲む気が既に失せていた。何処からか現れた数匹の蝿が新たな餌にしがみつくように寄ってきた。追い払っても私の排尿で濡れ汚れたショーツや大腿部に羽根を落ち着かせようとまとわりつく。だが私は何時しか追い払う気力も失せ、只なすがままに蝿を見つめていた。
奴が席を立つと共にいった言葉が何やらぼやけたように耳奥に残っていた。
「貴女は阪神大震災を覚えているか?あの戦災のような光景を時下に見たことがあれば何を感じた」
虚ろな眼差しを奴に向けながら奴の言葉を聞いていた。

阪神・淡路大震災(はんしん・あわじだいしんさい)は、1995年(平成7年)1月17日(火)に発生した兵庫県南部地震による大規模地震災害である。
1995年(平成7年)1月17日午前5時46分52秒(日本時間=UTC+9)、淡路島北部(あるいは神戸市垂水区)沖の明石海峡(北緯34度35.9分、東経135度2.1分、深さ16km)を震源として、Mj7.3[1]の兵庫県南部地震が発生した。
近畿圏の広域(兵庫県を中心に、大阪府、京都府も)が大きな被害を受けた。特に震源に近い神戸市市街地(東灘区・灘区・中央区(三宮・元町・ポートアイランドなど)・兵庫区・長田区・須磨区)の被害は甚大で、日本国内のみならず世界中に衝撃を与えた。戦後に発生した地震災害としては東日本大震災に次ぐ規模である。
1995年1月25日の政令により、激甚災害法(激甚災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律)に基づく激甚災害に指定。
特に甚大な被害があった地域
兵庫県(阪神・淡路)
淡路島
本土(本州)部の阪神地区 神戸市
芦屋市
西宮市
尼崎市
宝塚市
伊丹市
川西市
三田市
猪名川町 など
兵庫県(東播磨・北播磨・中播磨)
東播磨
明石市
加古川市
高砂市
稲美町
播磨町
北播磨
三木市
旧吉川町
小野市 など
中播磨
姫路市(以下の地域を含む)旧飾磨郡(夢前町、家島町)旧神崎郡(香寺町)
旧宍粟郡(安富町)
大阪府
豊中市
など。
もともと日本は地震大国であり、日本の大型建築物は大地震にも耐えられない構造であると分かり、1981年(昭和56年)には大幅な建築基準法の改正が行われた。しかし、日本の建造物が安全であるとする報道に基づいた誤解をしている市民も多く、1982年(昭和57年)以前に建てられたビル・マンション・病院・鉄道の駅舎などでも広範囲にわたって倒壊・全半壊が多くみられた。

「あの阪神淡路大震災は米軍が人工的にやったの噂がある」
今の私には何を聞かせても同じであることは、松山慎悟、判っているではないか。

◎この件は皆様が覗いて下さい。(筆者より) http://richardkoshimizu.at.webry.info/201103/article_183.html http://www.geocities.co.jp/Technopolis/7073/koubejisin.htm陰謀論というのは、よく言われています。オウムが関わるもので不思議なのは、ガスマスクの重松製作所の株価とかでしょうかね・・ http://jcoffee.g2s.biz/sonotoki.html#matsumoto結局、どこかで儲けてる人がいるという話ですね。株を操って。オウム事件は謎が山積してます http://2006530.blog69.fc2.com/blog-entry-39.html
「あの大震災で貴女方が嫌うヤクザ組織は何をしたか?売名行為とほざくが、貴女方は一体何をしたんだ?」
阪神・淡路大地震…。私は何をしていたのだろう…確か学生だった。ニュースで現状の悲惨に驚愕したものの、自分の地元でなくて良かったと思ったのは事実かもしれない。
「我々は確かに犯罪組織と揶揄されても仕方がないだろう。しかし忘れてならない精神が政府より早く慈善行動を起こした。上の人達はおくびにもあの日のことを言葉にしない。何故か判るか?」
「………」
「ククク、当然のことをしたまでだ。忌み嫌われようと守るべき精神は持ち合わせている。例えばだ関西山神会の頂点に座るということは、並大抵の努力でなれるものではない。それだけではない。光市母子殺人事件など、少年事犯は多々ある中で、刑罰を問う前に何故貴女方は彼等を救う糸口を見出だしてやろうとしないのか?まるで世間に犯罪のみせじめの如く振る舞う姿勢にまだ正義と言い切ることができるのだろうか?松崎検事、貴女が今日迄手掛けた犯罪に関わった人を何人覚えているんだ?」
「…………」
「いいか、貴女方が欠けているものはククク、慈愛だよ。ま、この俺が言えたものではないがね」
そうか、私達には欠けていたものがあったのか…
なら、真の正義とは何なの?
微かに王梅雨の言葉が耳奥を駆け巡った。まるで命短し蝉のように…。

●光市母子殺害事件

光市母子殺害事件(ひかりしぼしさつがいじけん)とは、1999年(平成11年)4月14日に山口県光市で発生した凶悪犯罪。当時18歳1か月の少年Aにより、主婦(当時23歳)が殺害後屍姦され、その娘の乳児(生後11カ月)も殺害された上、財布を窃盗した。被告人の元少年Aは強姦致死罪容疑・殺人罪容疑・窃盗罪容疑の罪状で裁判となり、事件当時18歳1か月の未成年でありながら死刑判決を言い渡された。最高裁判所第三小法廷が上告を棄却し、死刑判決が確定。
裁判中はその残虐な事件内容と、元少年を死刑にすべきでないと主張する弁護団の突飛とも言える弁護内容がマスコミで大きく取り上げられ、日本国内で論議を呼んだ。

以下、検察側主張、及びこれまでの判決が認定してきた内容に基づく事件の概要である。
1999年(平成11年)4月14日の午後2時半頃、当時18歳の少年Aが山口県光市の社宅アパートに強姦目的で押し入った。排水検査を装って居間に侵入した少年Aは、女性を引き倒し馬乗りになって強姦しようとしたが、女性の激しい抵抗を受けたため、女性を殺害した上で強姦の目的を遂げようと決意。頸部を圧迫して窒息死させた。
その後少年Aは女性を屍姦し、傍らで泣きやまない娘(生後11カ月)を殺意をもって床に叩きつけるなどした上、首に紐を巻きつけて窒息死させた。そして女性の遺体を押入れに、娘の遺体を天袋にそれぞれ放置し、居間にあった財布を盗んで逃走した。
少年Aは盗んだ金品を使ってゲームセンターで遊んだり友達の家に寄るなどしていたが、事件から4日後の1999年(平成11年)4月18日に逮捕された。
上告審より被告人元少年Aの主任弁護人となった安田好弘は、接見内容をもとに被告人に母子を殺害する故意が無かったことを主張した。しかし、最高裁判所判決では「被告人は罪の深刻さと向き合って内省を深めていると認めるのは困難」として採用されなかった。
広島高裁での差し戻し審では、「母恋しさ、寂しさからくる抱き付き行為が発展した傷害致死事件。凶悪性は強くない」として死刑の回避を求める方針を明らかにしている。
以下は、差し戻し審の弁護団によって引き出された被告人の主張の一部である。
強姦目的ではなく、優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた

(乳児を殺そうとしたのではなく)泣き止ますために首に蝶々結びしただけ

乳児を押し入れに入れたのは(漫画の登場人物である)ドラえもんに助けてもらおうと思ったから

死後に姦淫をしたのは小説『魔界転生』に復活の儀式と書いてあったから。

被告人は第一審当初はこのような主張はしておらず、弁護人による被告人質問で主張が変わった理由を「生き返らせようとしたと話せば、馬鹿にされると思ったから」「ドラえもんの話は捜査段階でもしたのだが、馬鹿にされた。だから、(第一審の)裁判官の前では話をしかねた」と説明している[2]。
実際にはそのような儀式は小説『魔界転生』には登場しない。
今私が虚ろに考えていることは、神なる存在が実在するのであるなら、何故神はこのような不平等を赦すのであろうか。邪悪なる魂の穢れ、成し得るものならば、それは正に悪魔の仕業と言えよう。
悪魔…。そうか、私は自分の権威を保持するが為に、既に悪魔に身を委ねていたのかもしれない。何と愚かなる行為だろうか?なら、正義は何なの?「……」悪魔がもたらした甘い罠?もし、そうであるなら――――、私など人を咎めることなどできないではないか。
何故だろうか、東條彰子、貴女が羨ましく感じてならない。
奴は私にゲームのチケットを授けると確かに言った。ゲーム……、何に対してのゲームなんだろうか?なら今この私はゲームの通過にすぎないと言いたいのだろうか? 奴は私に何を諭したいのだろう…。
いつの間にか蝿が穢れた私を好色するかのように増えていた。
「少しでも食べた方が、彰子、いいと思うけどなぁ、検事さん」
疲労に窶れたかのような私を気遣ってか、彼女が寄り添い話しかけた。
「その検事職も今月一杯で辞職する旨を伝えたわ」
気だるい…。彼女に答えた言葉には、その気だるさが含まれていたに違いない。
「キャハ、そうなんだ。けどさぁ、そんな貴女が何故余計なことに首を突っ込もうした訳?彰子には理解できない。キャハ、彰子バカだからキャハハ」
よく笑う子。けど、それが一層彼女を愛くるしい魅力を醸し出しているかもしれない。
「処で貴女、いや東條さん一つ尋ねていいかしら?」
「キャハ、何だろ?」
「ねえ東條さん、貴女は松山慎悟とどのような関係なの?まして国家機関に所属する貴女が何故なの?」
「キャハハ、気になるんだ」
現状を受け止めながらも私は何故だろうか、他愛ない質問を投げている自分が疎ましく感じる。只、まだ心の片隅に自分を捨てきれない部分が残っているのかもしれない。恐らくそれは東條彰子に対する嫉妬心…?判らない…。
「ねえ検事さん、宿命って信じる?慎ちゃんは言っていた。自分の宿命に抗うから人は躓くんだって。その宿命による拠(よ)り所がキャハ、彰子なんだって」
「貴女はそれを受け入れている訳?私には悪魔の申し子にしか映らない!」
そい言い放った時、彼女の右掌(手のひら)が私の頬を叩(はた)いていた。