無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第60話

Vol.4
小アジア気候型

P. somuniferm ssp. anatolicum

トルコ系統種ともボスニア種とも言う。花は白か、または青紫色を帯びる。果実は大きく扁球形、もしくは卵形。

中央アジア気候型

P. somuniferm ssp. centra-asiaticum

イラン系統種、イラン種などとも言う。英語では Persian White などと称される。果実は小さく、球形もしくは卵形。

天山気候型

P. somuniferm ssp. tianshanicum

広楕円球形の大きな果実を稔らす。

北方気候型

P. somniferm ssp. eurasiaticum

果実は大きく卵形もしくは球形。

蒙古気候型

P. somuniferm ssp. mongolicum

果実は大きく球形もしくは卵形。日本で大正から昭和の初めにかけて品種改良された一貫種もここに分類される。

観賞目的のアヘン産生品種ボタンゲシ
ボタンゲシ
P. somniferumvarpaeoniflorum

P. somniferumvarlaciniatum

八重咲きの品種で、ボタンに似た非常に華やかな花を咲かせる。日本にはアヘン採取用のケシと同時期に渡来し、浮世絵などにも好んで描かれた。

varpaeoniflorumと varlaciniatumでは形態が異なり、後者は花弁が糸のように細く裂けるが、日本ではあへん法により栽培が禁止され、園芸種としての命脈が絶えたこともあるので、和名では区別していないようである。

日本国外では種小名のsomniferumを略して販売するところもあるので、海外旅行の際、あるいはインターネット等による通販で知らずに種子を購入し、栽培後にあへん法違反で摘発されることが多い品種でもある。

デニッシュフラッグ Danish Flag

日本国外で品種改良され開発された品種で、赤地に白い十字模様の入った花弁の縁が細く裂けるといった、凝った一重の花を咲かせる。その様相がデンマークの国旗に似るので、この品種名が付いたものと思われる。
ただしP. somniferumであるため、日本では栽培できない。

人間との関係
★医薬品及び麻薬原料として
本種の未熟果に傷をつけると出てくる乳液からアヘンが穫れ、それを精製したモルヒネや、モルヒネを化学的に変化させたヘロインは麻薬に指定されている。しかし完全な麻薬であるヘロインはともかく、モルヒネは鎮痛鎮静剤として医学薬学的に重要であり、特にがん患者の激痛を和らげたりペインクリニックでの治療に不可欠である、適切な使用に基づけば依存症に陥ることも少ない。なおアヘンやモルヒネについての詳細は当該項目を参照されたい。
★闇市場における商品価値本種には犯罪者の資金源としてビルの屋上やマンションの一室で栽培され、それが往々にして摘発される、といったイメージがあるが、これはケシと大麻を取り違えていることによる誤解である。麻薬原料としてのケシは、
樹葉すべてが薬物としての商品価値を有する大麻と異なり、ケシの麻薬として商品価値のある部分は乳液を固めたアヘンなどごく一部であり、利益率が低い。
へら掻きによるアヘンの採取は人手、手間、時間といったコストもかなりかかる。その割に得られる量はごく僅か(1kg のアヘンを得るのに、ケシの実が約2000本も必要)である。

そうして集めたアヘンも、効き目がモルヒネやヘロインより数段劣るため麻薬としての商品価値はかなり低い。価値を高めるには精製、及び化学的に加工する必要があるが、そうすると量がさらにアヘンのときの 20~25% までに減る。

有機溶媒を用いて化学的に麻薬成分アルカロイドを抽出する方法は効率的だが、大がかりな装置が必要となるので必然的に発覚しやすい。
といった短所を抱えている。 本種を資金源に利用する側からすれば、リスクを冒して違法栽培をするより、政情不安地域で国際条約を無視して生産したそれを密輸したほうがはるかに手早く、そのような地域からの輸入は金銭的なコストも安く済むことは容易に想像できる。
★闇市場における商品価値本種には犯罪者の資金源としてビルの屋上やマンションの一室で栽培され、それが往々にして摘発される、といったイメージがあるが、これはケシと大麻を取り違えていることによる誤解である。麻薬原料としてのケシは、
樹葉すべてが薬物としての商品価値を有する大麻と異なり、ケシの麻薬として商品価値のある部分は乳液を固めたアヘンなどごく一部であり、利益率が低い。
へら掻きによるアヘンの採取は人手、手間、時間といったコストもかなりかかる。その割に得られる量はごく僅か(1kg のアヘンを得るのに、ケシの実が約2000本も必要)である。

そうして集めたアヘンも、効き目がモルヒネやヘロインより数段劣るため麻薬としての商品価値はかなり低い。価値を高めるには精製、及び化学的に加工する必要があるが、そうすると量がさらにアヘンのときの 20~25% までに減る。

有機溶媒を用いて化学的に麻薬成分アルカロイドを抽出する方法は効率的だが、大がかりな装置が必要となるので必然的に発覚しやすい。
といった短所を抱えている。 本種を資金源に利用する側からすれば、リスクを冒して違法栽培をするより、政情不安地域で国際条約を無視して生産したそれを密輸したほうがはるかに手早く、そのような地域からの輸入は金銭的なコストも安く済むことは容易に想像できる。
★世界における栽培の現状政情が不安定な地域における非合法栽培は別として、世界の多くの国では国内法で本種の栽培に何らかの規制をかけてはいるが、一方では自国で本種を栽培してモルヒネ需要をまかなっており、いたずらに栽培を厳禁しているわけではない。ヨーロッパでは一面に咲きほこるケシ畑が春の風物詩になっているほどである。また、多くの国ではアヘンやモルヒネの採取を目的としない園芸用といった栽培については規制していない。 なお、先進国においては乾燥させた本種の植物体を有機溶媒に浸してアルカロイド成分を浸出させる方法で効率的にモルヒネを回収している。原始的なへら掻きによる採取は、モルヒネの回収率が非効率なこともあり、形としてアヘンを生産する必要のあるアヘン輸出可能国か、非合法生産下でしか行われていない。
★日本における栽培の現状。日本でもあへん法によってアヘンやモルヒネに対する規制がかけられているが、同法は戦前の満州や朝鮮で大規模に行われた戦費調達のためのアヘン生産の反省に基づき、国内での大規模栽培を例外なく禁止する意図の元に策定されている。ゆえにその内容は他国に比較して非常に厳しい。
現在日本においてあへん法に基づく栽培許可を受けるには、栽培地の周囲に二重の金網を張り巡らし門扉には施錠する、といった非常に厳しい条件をクリアしなければならない。ゆえに実際に許可を得て栽培しているのは国や地方自治体の研究機関や、薬科大学、大学薬学部の薬草園、および北海道に国の研究機関から委託されて栽培している数軒の農家があるだけで、国内のアヘン生産量は実験室レベルに留まっている。これではとても国内需要をまかなえないため、日本は国際条約下で数少ないアヘン輸出可能国にもかかわらず、他国からアヘンを輸入している。 なお、2008年には茨城県下妻市にある小貝川ふれあい公園で行われるフラワーフェスティバルの会場では、ポピー畑に誤って栽培禁止種であるアツミゲシが種子の時点でポピーの種子に混入したために数十万本植えられていることが判明し、撤去・焼却処分した事例もある。
日本での栽培史
日本では桃山時代から江戸時代にかけて中国より渡来し、当初青森県で栽培されていた。それゆえ、アヘンを隠語で津軽と称した。その後山梨県、大阪府などで少量、産出された。第1次世界大戦頃、医薬品国産奨励の一環として栽培が奨励され、1935年頃には全国作付けが100ha、アヘン年間生産量は15tに達した。当時全国産額の50%は和歌山県有田郡で、40%が大阪府三島郡がそれぞれ占めた。 1946年ケシ栽培が禁止されたが、1954年あへん法が制定され、翌1955年から栽培が再開された。しかし戦前のような大規模栽培は復活することなく、現在の栽培量は上述したように実験室レベルに留まっている。『ケシ参照』

「クク、アメリカには、ポピーシードを材料に用いた菓子を食べて尿検査で陽性反応が出てしょっぴかれた、といった類の笑い話さえある」
「まさか貴方達!?」
「まあ焦らずに話を最後まで聞くことだ」
奴が言うには、現在の自衛隊をどのように捕えているのかと私に問い掛けてきたのだ。「どういうことなの?」私の問い返しに奴が言うには、現況に於いて自衛隊は日陰の花であり、殆んどの者が平和に惑わされているのか自衛隊に無関心だという。そして漸く自衛隊に対する『国防軍案』により浮き出してきたものの、国政情勢に因んで反対しているのが社民党や共産党であるが、実情に於いて不安を抱いているのが
「クク、ククク警察だ」
と奴は言い放った。自衛隊は16歳から入隊が基づけられているが、警察は18歳より警察学校に入学を以てに依るものである。当然自衛隊にも警察同様にキャリアとの感情意識の差異は明らかに表れる。もし自衛隊が国防軍になれば、法整備があって当然だ。我々ヤクザ組織にも暴対法以上の危機感はあるが、余程のことがない限り観入なきものと思う。しかし治安権に於いての位置が地方公務と国家公務の差異は大きく現れるだろうという。
「それがこのケシとどのように結び付く訳なの」
「貴方達に出来ない、いや無関心なことをしている」 「どういうことなの?」
奴は言った。
「確かに俺達は犯罪組織と揶揄され排除されようとしている。しかしだ、犯罪組織は松崎検事、果たして俺達だけなのか?」
「………」
「松崎検事、100円で何が出来ると思う?」
「…………」
「20年以上続いた紛争により、教育そのものが大きなダメージを受けたアフガニスタンの子供5人に国語や算数の教科書が提供できる。ならは1兆2千億円あれば?いいか松崎検事、1つは俺達にも夢を見させろと言うことだ」
内戦時に2000校以上の学校が破壊され、数年前までは女子教育が禁止されてきたアフガニスタン。現在も女子の初等教育就学率は5%と言われているが、今この国では、復興へ向けた教育の立て直しが始まっている。特にタリバン時代に禁止されていた女子教育の立て直しが急務で、女子学校の殆んどが校舎のないまま再開されている。
大阪の帝塚山学院の生徒が集めた募金で建設されたのが、北部サルバラックの女子学校。異なる民族が共存していける社会を目指す平和教育、命を守る為の地雷回避教育も行われている。
社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
http://www.savecildsen.or.jp/

「それと、ククク」
奴は一息をつけるかのようにタバコを1本抜き取るや、口に食わえて火を点けた。

知らなかった。それと?
チラリと彼女を見ると笑っていた。
「1兆2000億円があれば何が出来ると思う?世界全体の軍事費4日分だ」
「そんな途方もないお金なんて考えもつかないわ」
「ククク。そういった無関心振りが現実の貴女方なんだ」
奴が語り出した時、まるで遥か遠くを見るような瞳が透き通っていた。
7歳を迎える年になれば、日本では小学校入学は当然のことだが、世界では小学校に通える年代を迎えながらも、学校に通えない子供達が1億人以上いる。危険!!の文字を読めず命を落とす子供達…。HIV感染を避ける術を知らない子供達…。教育を受けていない女子が5歳まで生き延びる確率は、受けた女子の半分以下という統計さえある。教育が貧困脱却の足掛かりになるのは言うまでもない。『世界の子供に教育を!!』何より大切なことは目先ばかり見るのじゃなく、一人ひとりが世界の現状を知ることだ。

特定非営利活動法人
オックスファム・ジャパンhttp://www.oxfam.jp/

「ま、嫌味じゃないが、自分が居る世界を知る必要もあると言えるんじゃないか?ククク」
「あのね検事さん、慎ちゃんは」
「クク彰子、余計なことを聞かせるんじゃない」
「ニャンニャン」
何が自分に欠けていたのか判りかけた。只…遅すぎたのであろう……。