無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第66話

Vol.2
日本のヤクザは通常、親分(組長)に対して弟分と子分が絶対的に服従する家父長制を模した序列的・擬制的血縁関係を構築することを特徴とし、この関係によって暴力団の強固な結合を確実なものにする。一般に、代表者である組長(会長、総長、総裁などとも)と構成員である組員(組織名が、会、一家であっても組員と呼ばれる)とは、盃事と呼ばれる儀式を経ることによって強い絆で結ばれる。組員は、組長から見て弟分(舎弟)と子分(若中、若衆など)の2つに大別される。組員がさらに自らを組長とするとする団体を組織した場合、この団体は2次団体と呼ばれる(この場合、最初の組長と組員のみの組織を1次団体と呼ぶ)。2次団体の組員もまた、自らを組長とする3次団体を組織する。これを繰り返すことによって暴力団はピラミッド型の階層構造を形成する。日本最大の勢力を誇る山口組の場合には、5次団体までの存在が確認されている。 各階層の団体において、当該組長と盃を交わした組員を特に直参と言う。直参より下の下部団体組員について、暴力団側は“上部
団体とは関係のない者”と主張しているが、外部社会からは“上部団体の統制下にあり、上部団体組長の指揮監督下にある者”と見られており、損害賠償請求訴訟でも上部団体組長の使用者責任を認める判決が出されてきた。
組長が引退したり死亡した場合には、組員の中から新たな組長が決められる。個々の組織の状況にもよるが、長男に当たる第一の子分(若頭、若中頭、若者頭、理事長など)が選ばれる場合が多い。新たな組長が就任すると、他の組員との間で盃直しと呼ばれる儀式が行われ、新たな序列に基づく擬制的血縁関係が再構築される。先代組長が跡目を指名しなかった場合には、組員同士の話し合いや入れ札(投票)で決められる。跡目選定を巡る内部対立から組織分裂に到った例としては、山口組からの一和会の分裂が挙げられる。ただ、近年は警察の監視が厳しく、武力による跡目争いを行うと警察が介入し、組織解体につながるため、武力抗争は減っている。
暴力団はヤクザ者の相互扶助団体のようなものであり、組に入りたての時期に組長の家などに住み込んで雑務を行う「部屋住み」の時に組長や兄貴分から貰える小遣いを除けば企業のような組織のように組員に対しての給与のようなものは存在せず、各組員は自分で自身の生活資金を含めた金を稼がなければならない。
そして組織は組員から「子が親を養う」(孝養)の建前のもと「組織によって庇護すること(トラブル時の対処、人員の融通等)への見返り」、「代紋の使用を認める(資金活動の際に組織の名前を使用する等)ことの対価」として一定額の会費を集め運営経費に充てる。また、義理掛けなどの慶弔費(香典には税金がかからないので税対策になり、高額の香典のやり取りがなされる)も これとは別に徴収する。また各組織ごとに企業舎弟や顧問先などをもち、そこで得られた利益は上納金として上部組織に納められるようになっている。大組織の親分になると自らの手で違法な金儲けをする必要はなく、上納金を組織の運営費や活動資金に充てるほか、豪邸を構え、愛人を囲い、高級外車を乗り回すなど、豪奢な生活を送る資金と
して使用しているのが実態であり、麻薬や覚醒剤の密売、恐喝、ゆすり、たかり、振り込め詐欺、ノミ行為、強盗、置き引き、密輸、殺人、追剥、万引き、密猟、窃盗、誘拐、闇金融、振り込め詐欺、管理売春、強制猥褻、婦女暴行、美人局などの犯罪行為は任侠道をわきまえない不心得者の下部団体の組員などが個人的に行っているという建前をとっている。これらは形式的には禁止している場合が多く、特に違法薬物は実際に禁止している所が多い。だが組員は儲けた金の大半を上納金等として組織に持って行かれるため、上納金や自らの生活資金を捻出するために危険だが利益率が高い非合法な資金獲得にも見境なく手を染める場合が多く、実際には発覚しない限りは上層部からは黙認されている。[要出典]2013年6月
組織犯罪そのものは淵源的には悪政を敷き苛斂誅求を求める為政者からの自警や相互扶助的な目的で結成された場合が多く、このように弱きを助け強きをくじき仁義を重んずる「任侠道」を標榜し、堅気衆には迷惑を掛けないことを心掛けている暴力団もあるが、その任侠がお題目に過ぎない組もあり、これが抗争の原因になっている。前者の場合は組織内は相互扶助的な色彩が強いが、後者の暴力団社会は弱肉強食であり、“仁義”もあくまで暴力団社会のみで通じるものであることが多く[要出典]2013年4月、一般社会では任侠映画に多くの大衆の支持を受けているように様々な受け取り方をされている。
上部団体は舎弟企業などを介し表面上合法的に収益を上げるシステムになっている。より組織的な金融犯罪にも暴力団が関わっていることが殆どだが、暴力団組員が主導しているのではなく、不良弁護士や不良会計士が暴力団を隠れ蓑に利用しているケースもある。[要出典]2013年6月
このような暴力団の不法行為に対し「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」(平成3年法律第77号、暴対法)が1992年3月に施行され、暴力団の活動に大打撃を与えている一方、資金活動が行えなくなった暴力団の犯罪の凶悪化や地下組織化も懸念されている。[要出典]2013年6月
Salvatore Lupo 2009 History of the mafia Columbia University Pressc
「村田、奴をどう思う?」
牛見公園を後にし長岡先輩がタバコに火を点け話し掛けてきた。
「奴とは?」
「西岡のことだよ」
自分から言えば、カネの為とはいえ、身内の者を密告で売るなんてことは想像もしていなかった。しかし、現実を目の当たりにした限り覆すことは出来ない。組織とは?自分に1つの疑問視が浮かんだが
「長岡(先輩)、ヤクザとは、あんなものですか」
「いや、全てがそうではないが、極道とヤクザの違いかも知れんわな」
「それにしても、松山のことは、何か面白くないみたいですね」
「ふん、あのガキは我々も面白くないわ。村田、お前もその内判るやろ」
何故松山が面白くないのかは、今の自分には知る由もないのは当然だが、長岡先輩から受け取った30のカネ、西岡に手渡した200ものカネがそれを物語っているのは間違いないだろう。しかし、もしも東條が松山と出来ていたならば…、一瞬自分は東條の躰を押さえつけている光景が頭の中を過った。しかしだ、西岡も言っていたではないか。今日も組事務所に顔を出していると。C3にも確かに松山1人だった。いや待てよ。もしかして何処かで逢い引きする途中だったかも…
「村田、気になるか?」
「えっ!?」
「ふふふ、隠さんでもいい。お前はカネのことよりも余程東條のことが気になるみたいやな」
参ったな。どうも自分は顔に感情が出るみたいだ。
「村田、東條を思う気持ちは判るが、任務に私情を挟むんやないで」
長岡先輩の言葉に自分の迷いを捨てるように強く頷いた。それにしても将軍とは誰なんだろうか? 夏の陽射しが傾きかけているのに、暑さは衰えることがなかった。

8月☆●日。PM9:20 渋谷『doll』
「キャハ♪最後の1曲いきま~す。 Drop of feelings!!」
Shoko Shoko―――。割れんばかりの歓声の中で仔猫風の彼女が来客を煽るようにマイクで叫んだ。
レーザー光線が彩る。

🎵Drop of feelings
Shoko & Sexy Crime

Drop of feelings
赦されじ我が記憶
今日まで握り締め
What I grieved and shared
自ら羽根を汚し
I escaped from a crime
愛に怯え震えて

I'm so sad
色褪せてゆく日々の過ちの繰返しに
I'm so sad
現実の感情に溺れ醜き魂は想い出(かこ)に導き希望(あす)を拒む

Drop of feelings
悲しみは背負っても
与えるものではない
Thought full of the warmth
天使の羽根に変わり
The soul is saved
愛を与えることで

☆I'm so glad
喜び抱き日々の溢れる微笑みには
I'm so glad
現実の感情が輝き廻り合う魂
想い出(汚れ)遠ざけ希望(あす)を繋ぐ☆

☆~☆ Repeat

翻訳:温もり溢れる想い
魂は救われる
悲しみ分け与えたことは 罪から逃れていた

( Words: Wild Chan )

「ククク、やっぱりな。クククククク」
アンコールの要望が飛び交う中、VIProomに東條彰子が入ってきた。
「キャハ、どうだった慎ちゃん、彰子のライブは?」
「ククク、まあな。それよりも彰子、そろそろ現場に戻る頃だな」
「何故?」
「ククク、毒が寄り添った。お前にもククク、アプローチがあるだろうな」
「ところで、その人は誰?」
車椅子に腰を沈めた、表情にさしたる変化のない無口なその老紳士が、慎ちゃんの耳許で何かを囁くと慎ちゃんは頷き、ゆるりと私に手招きをしたんだ。その老紳士の後ろには屈強な2人の男が立っていた。

彰子は初めて見る人。只2人の男の胸には拳銃が忍ばせていることが窺えた。それだけでこの老紳士がただ者ではないことが察しられたんだ。
彰子は慎ちゃんを見つめた。するとね、慎ちゃんは笑いながら頷いたんだ。するとね、その老紳士は笑みを浮かべながら彰子の頬を包み込むように手をあてがわれたんだ。
「運命」
只それだけを言うと目を閉じた。
運命…、どういうことなんだろうか。

●運命(うんめい、ラテン語 fatum、英語 fate、destiny)とは、
人間の意志をこえて、人間に幸福や不幸を与える力のこと。あるいは、そうした力によってやってくる幸福や不幸、それの巡り合わせのこと。

人生は天の命によって定められているとする思想に基づいて考えられている、人の意思をこえて身の上に起きる禍福。

将来のなりゆき。
命運(めいうん)とも。

運命とは、人の意思や想いをこえて人に幸・不幸を与える力を意味する。
宿命(しゅくめい)などとも言う。
運命論では、人の幸福・不幸などは、人の力をこえたところであらかじめ決まっている、と考える。
16世紀のジャン・カルヴァンが説いた予定説では、神の救済にあずかる者や滅ぶ者はあらかじめ定められている、とした。マックス・ヴェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」によると、カルヴァン派の人々は「神によって救われるようにあらかじめ定められた人間というのは、Beruf(=天命、職業)を禁欲的におこない成功する人間のはずである」と考え、自分がまさにその救済されると定められた人間である、ということを証明するために禁欲的に働いた、といい、それが資本主義の発展に役立ったという。
紀元前の中国の殷から周への王朝交代期に生まれたと考えられている受命思想では、天(天帝)がその権能の一部を王や人々に分け与え、人のこの世での役割・使命・職業などを定めている、と考える。これを「天命」と言う。

西洋占星術では一般に、人は生まれた時の惑星の配置などによってその人生で起きることに決まっている面がある、と考える。占星術好きな人などは、将来 結ばれることになる異性は人の想いを越えた力によってあらかじめ決められている、と考えて、そうした異性を「運命の人」などと表現することがある。「運命の赤い糸」とも。
一般に「運命」とほぼ同義語として「宿命」が用いられている。が、ふたつの違いを指摘する人もいる。江原啓之は、「宿命は変えることはできないが、運命は本人次第で変えることが可能だ」と言う。

●アガスティアの葉。
アガスティアの葉の取り出しに際して男性の場合は右手の親指、そして女性の場合は左手の親指の指紋が必要となる。指紋の部分だけをナディ・アストロジャーに渡し、ナディ・アストロージャーは、それを持って葉の保管されている倉庫へと1人入っていく。その時点で相手にはプロフィールはおろか、依頼者の名前すら話さない。向こうもそういった情報は一切必要としない。葉は、指紋のパターンによって108種類に分かれていて、依頼者の指紋のパターンの葉が集められた束を持って、再度現れる。次に、その束に中に、依頼者の葉があるかどうかを検証するプロセスが始まる。
例えば「きょうだいは1人である」「それは、女性である」「父親は、生きている」こういった簡単なことに対して、依頼者が「イエス」「ノー」で答えていく。少しでも違えば、次の葉に進む。その束すべてが合わない場合には、別の葉の束を再度取り出しに行くことになる。見つかれば、最後には「彼の名前は〇〇」といった具体的に依頼者の名前、あるいは両親や祖父母、離婚した相手の名前など具体的な固有名詞を言い当てる。

さらに条件を詰めていき、依頼者の生年月日を述べ、葉の検索の作業は終了となる。何分で葉が見つかるかは、開けてみないと分からないが、長い場合には、5時間かけても見つからなかった場合もあれば、3~4の質問の後、すぐに本人の名前が出てきた例もある。
実際に現地に行くと、イエスノーだけではなく、「あなたの名前は4音からなる」「いいえ」「では3音」「イエス」「最初の名前の音は、アイウエオからなる」「いいえ」「じゃあ、カキクケコのどれかだ」「イエス」……というような調子で行われることもある(ヴァティスワランコイル・シバサミーの館)これらの質問から、結果として導かれる答えを「もともと書いてあった」と主張するアガスティアの館もあるようだ。