無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第95話

Vol.3
その頃沖縄県のキャンプ・ハンセン、0号室――――。 
カタカタ、カタカタ――――。
うるさい。黙れ!!カタカタ、カタカタ。
これか?チッ!違うのか、じゃ、これはどうだ?
カタカタ、カタカタ。
頭の中に流れる数字とアルファベット。カタカタ、カタカタ―――。
「おい!お~い、足らねえぞ。BMを持ってくるんだ!」
くそ、開け開け!!
俺の頭にはあらゆるコードが繋がれ、俺は機材に囲まれるようにPCのキーボードを叩いていた。
時折奴の声が俺の頭の中に進入してきやがるんだ。
「お前は何の為に、ククク扉を開こうとしているんだ?」
「うるさい!俺はゲームを楽しんでいるんだ。それに…」
「それに?」
「俺の居場所は此処にしかないんだ!!」
「ブロウが哀しむだろうな」
「うるさい、うるさい!!お前は誰なんだ?ブツブツ―――」
くそ!!俺は決してイカれていないぞ!!そうだよな、俺は天才なんだ。カネなんか欲しくはねえ!!俺を認めてくれたのは、この場所だけなんだ。お前になんか判るもんか。

軍事刑務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動:案内、検索

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2010年6月)

軍事刑務所(ぐんじけいむしょ:英:Military prison)または軍事監獄(ぐんじかんごく)とは、戦争犯罪などを起こした軍人や戦闘員を専門に収容する刑務所である。ただし、裁判を経た服役者を収容する刑務所のほか、軍隊内での簡易な懲罰のための拘束施設である営倉を含む事もある。また、広義においては、軍隊が管理する強制収容所も含まれる。

●目次

1 概要

2 各国の軍事刑務所
2.1 アメリカ

2.2 カナダ

2.3 イギリス

2.4 日本

3 軍事刑務所の問題点

4 作品における軍事刑務所

5 脚注

6 参考文献

7 関連項目
●概要[編集]

軍事刑務所には2種類あり、1つは軍規違反を犯した自軍の軍人を収容するもの、もう1つは、戦争において拘束した捕虜や「敵性戦闘員」を収監するものである。後者は特に捕虜収容所(en)と呼ばれる。

前者においては、軍隊からの脱走、暴力行為、武器の不正使用等の軍規違反を犯した者を憲兵が逮捕し、軍法会議による裁判に基づいて収監される場合が大半である。基地内で事件を起こした軍人を懲罰として収監する営倉も、広い意味でこの種の軍事刑務所に含まれる。

後者においては、終戦まで収監する例と、前者と同じく軍法会議により収監期限を定める場合がある。

こうした軍事刑務所は、古代から何らかの形で存在し続けてきた制度である。古代から中世にかけては、一般に刑務所と軍隊が密接な関係にあることが多かった。これは、多数の囚人の管理や刑の執行には、軍事力が欠かせなかったからである[1]。防御施設としての城塞が、そのまま捕虜や政治犯の刑務所としての機能を兼ねることがしばしばあった。

各国の軍事刑務所[編集]

アメリカ[編集]

アメリカ軍においては、統一軍事裁判法(en:Uniform Code of Military Justice)に基づき処遇が定められている。一般的に、アメリカ軍内部での脱走兵の追跡及び捜査に関しては、犯罪捜査司令部(陸軍)、情報部警察、犯罪捜査局(共に海軍)、特捜局(空軍)によって行われ、軍法会議を経て収監される。

アメリカ陸軍の場合、士官の犯罪者と7年以上の懲役を受けた兵士は、カンザス州レブンワースにあるアメリカ合衆国教化隊に収容され、それ以外には男性専用のブッキンハム矯正センターなど5箇所の基地で収容される。

アメリカ空軍の場合、カートランド空軍基地、イギリスのレイクンヒース空軍基地、テキサス州にあるラックランド空軍基地に収容される。

アメリカ海軍の場合、11箇所にある収容所・営倉へ収容される(因みに横須賀基地の横須賀海軍施設にも営倉がある)。
また、戦闘艦内で起こった事件の被疑者を収監するため、一部の航空母艦や強襲揚陸艦などに営倉が設けられている。

アメリカ海兵隊の場合、4箇所に設けられている営倉に収監される(このうちの1箇所が沖縄県のキャンプ・ハンセンにある)。

詳しくは、en:List of U.S. military prisonsを参照されたし。

その他、イラク人戦犯収容所(正確には捕虜として認められていない)としてアブグレイブ刑務所、テロリスト(とされた)者を収監する専用の刑務所には、キューバのグァンタナモ米軍基地が存在する(後述の問題参照)。

因みにカリフォルニア州のサンフランシスコ湾にあるアルカトラズ島も、1861年から1933年までは軍事刑務所であった。

カナダ[編集]

カナダ軍では、14日以上拘留されるような事案を起こした場合、アルバータ州エドモントンにある、エドモントン基地(en:CFB Edmonton)に収容される。2年以上(729日以上)収監する場合は、民間刑務所に収容する事となっている[2]。

イギリス[編集]

イギリス軍では、軍法会議を経て28日以上収監される軍人は、コルチェスター・ギャリソン(Garrison en:Colchester Garrison)にあるMilitary Corrective Training Centre、別名グラスハウス(en:Glass house)と呼ばれる場所へ収監される。管理はイギリス刑務局(en:Her Majesty's Prison Service)によって行われる。

日本[編集]

近代の日本において軍事刑務所は、戊辰戦争後に、旧幕府軍側の捕虜を一般人とは隔離して収監したことに始まる。しかし、その後の法制では、懲罰用の営倉を除く全ての刑務所が内務省管轄とされた。

大日本帝国憲法下の日本軍に狭義の軍事刑務所が誕生するのは、1888年に衛戍条例(明治21年勅令第30号)制定によって、衛戍監獄が認められた時である。ただし、それ以前の1883年に陸軍監獄則、1884年に海軍監獄則が発出されていた。最初の衛戍監獄は、東京鎮台に設けられたもので、旧虎ノ門徒刑場の建物を代々木練兵場(現代々木公園)に移設して使用した[3]
1908年には陸軍監獄令(明治41年勅令第234号)と海軍監獄令(明治41年勅令第235号)が制定され、以後の軍事刑務所運用の基本規定となった。1922年には、「陸軍衛戍監獄」は「陸軍刑務所」へと改称している。1945年の第二次世界大戦での敗戦後に廃止され、収監中の受刑者は一般刑務所に移管された[4]。 陸軍の軍事刑務所は、各鎮台、後に常備師団の衛戍地に置かれた。海軍の軍事刑務所は、鎮守府などに置かれた。それぞれ、陸軍軍人・軍属などと海軍軍人・軍属などで懲役刑か禁固刑に処せられた者を服役させる施設として用いられたほか、未決拘禁者や死刑囚を拘置する拘置所相当の施設も併設されていた(陸軍監獄令1条1項および3条。海軍監獄令1条1項および3条)。別に、各部隊には懲罰用の営倉も置かれ、捜査機関である憲兵隊には容疑者を勾留する留置場があった。なお、犯罪傾向の進んだ者については、陸軍教化隊(初期には陸軍懲治隊)という出獄後の矯正機関が姫路市に設けられていた。 軍監獄・軍刑務所での処遇を一般刑務所に比べると、軍事訓練が刑務作業として課
されていることが特殊で、また陸軍では軍人勅諭朗読などを通じた教化が重視されたり、海軍では重い砲丸を運ばせる苦役が規定されているなどの独自性が見られた[5]。 日本国憲法下の自衛隊においては、自衛隊刑務所と言う類は存在しないとされる。特別裁判所にあたる軍法会議が憲法で禁止されている為、警務隊が自衛隊法違反で逮捕した自衛官の被疑者でも、通常の被疑者同様検察庁へ送り、通常裁判を経て一般の拘置所及び刑務所に収監される。
軍事刑務所の問題点[編集]
軍刑務所ではその運用の性質上、虐待などの問題が発生する事が多い。 特に捕虜収容所においては、ジュネーヴ条約などの戦時国際法に基づき運用される事となっているが、戦争と言う性質上、条約調印をしていない国家などによる捕虜虐待など、必ずしも厳守されているとは言い難い。キューバにあるグァンタナモ米軍基地で発生した一連の虐待事件[6]及び、アブグレイブ刑務所で発生した虐待事件[7]がその一例である。

「おいおい、可愛いお嬢さんが、俺はねえだろうが。ククク」
「お前さ、うるさいんだよ」
男なんて、女を性処理にしか思っていない。バカにするなって。
野放しにする連中。アハハ、間抜け面してるんじゃないってよ。
「 Hey. I bring BM. Shut up! I am a genius and am early, and bring it. I let you lose a missile in this base if you like!(ヘイ。BMを持ってくるんだよ。うるさい!!俺は天才なんだろ?早く持ってこいよ。何ならこの基地にミサイルを落とさせるぞ!!)

「Because understood it,calm down; a Rei. Only the missile forgives it, and give me it(判ったから落ち着いてくれ、レイ。ミサイルだけは勘弁してくれよな)」

I obtain it and am a woman how. I throw my cook if not special …(何てえ女だ。特別でなければ、俺のコックをぶち込んでやるんだが…)

「 I mutter in anything and hear it!
It and hamburger and cold milk. Missile and which way are good?
(何をブツブツ言っているんだ?聞こえているぞ!
それとhamburgerとcold milkもだ。ミサイルとどちらが良いんだ?)」

アハハ、クダラナイ世界よりも此処はまさに天国だよ。
欲しいモノは何でも手に入るんだから。
それにしても奴は誰なんだ?まさかBMを使っているのか?
いや、BMは極秘薬なんだが…
カタカタ、カタカタ――――
何てguardが固いんだ。まぁ時間はタップリあるんだ。ゆっくり楽しめばいいか。アハハハハ。
此処のバーガーは最高だよ。
●キャンプ・ハンセン
座標:北緯26度27分38秒 東経127度54分54秒 / 北緯26.460467度 東経127.915076度 キャンプ・ハンセン(英語:Camp Hansen)とは日本国沖縄県中部にあるアメリカ合衆国海兵隊の基地である。本基地は主として金武町にあり、金武湾の北岸に近く、沖縄本島に位置する主要な軍事施設としては、北から2番目にあり、基地北方にはキャンプ・シュワブがある。キャンプ・バトラー(英:Camp Butler)の一部となっているが、キャンプ・バトラーは物理的な基地を意味するものではなく、沖縄の海兵隊施設全体を包含する際の呼称である。

本基地は沖縄戦で戦死し名誉勲章に叙されたデール・マーリン・ハンセン(英:Dale M. Hansen)海兵隊二等兵にちなんで命名された。

目次

1 所在部隊

2 歴史
2.1 年表

2.2 飛行場から演習場へ

2.3 大規模基地の建設工事

2.4 県道104号線超え砲撃訓練

2.5 都市型戦闘訓練施設

2.6 米軍再編以降
2.6.1 陸軍複合射撃場

2.6.2 陸上自衛隊の施設共同使用

2.6.3 新規施設の建設

2.6.4 その他

3 基地概要
3.1 基礎情報

4 周辺対策
4.1 障害防止工事

4.2 騒音防止工事

4.3 民生安定施設の助成

4.4 特定防衛施設周辺整備調整交付金

4.5 沖縄懇談会事業

4.6 その他

5 米軍自身の配慮
5.1 砲撃訓練

5.2 赤土流出

5.3 山火事への対応

5.4 流れ弾への対応

5.5 日米合意による他施設からの移転

6 イベント

7 その他の施設

8 関連項目

9 脚注

10 参考文献

11 外部リンク
所在部隊[編集]

司令部、第12海兵連隊
第12海兵連隊第3海兵大隊

第3情報大隊

第7通信大隊

第31海兵隊遠征隊

第5海兵航空管制中隊(ANGLICO)

第3衛生大隊

第9工兵支援大隊(第3海兵役務支援群)

特殊作戦訓練群(Special Operations Training Group)

第3偵察大隊の一部

第3海兵師団トラック中隊

歴史[編集]

年表[編集]

「光あふれる民俗芸能の町 金武」(『調和 基地と住民』)、『名護市と基地』2010年版等を参照。

1945年4月下旬:沖縄戦中、上陸した米軍は金武村(当時)の台地状の農耕地に約2000mのコーラル敷滑走路を建設し、「金武飛行場」を開設。

1947年6月:射撃演習場として再使用するため、沖縄民政府総務部が事前調査を実施

1947年7月:射撃場への転換を地元に通知

1947年9月:米軍が旧金武飛行場周辺の村有林に射撃場を設定し、射撃演習を開始

1950年6月:朝鮮戦争勃発に伴い、艦砲射撃、航空支援(銃撃、爆撃)等の演習が追加

1957年:「キャンプ・ハンセン」使用開始

1959年:「キャンプ・ハンセン訓練場」使用開始

1962年10月20日:兵舎地区を中心とした施設工事が完了

1971年6月30日:沖縄返還協定了解覚書C表によりキャンプ・ハンセン訓練場の一部177.4千?、キャンプ・ハンセンの一部390.6千?を返還

1972年5月15日:沖縄返還。2施設が統合され、「キャンプ・ハンセン」として提供開始

1975年5月19日:沖縄自動車道路敷のため約576千?を返還

1986年:キャンプ・マクトリアスより4軍共同運営の刑務所が移転。

1990年3月:最初の都市型戦闘訓練施設が完成

1996年12月2日:沖縄に関する特別行動委員会(SACO)の最終報告にて、県道104号線越え実弾砲兵射撃訓練は、1997年度中に取りやめることが合意された。