無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第122話

Vol.3
このリベルダージを縄張りにしていたのが『日本小皇帝(リ- ベン シャオ ホアン ディ-)』通称チャイナ・ブルーのブロウだった訳だ。 
「例の彼女か?」

🎶太陽 // Shoko & Sexy Crime

☆眩しい太陽 それはまるで君だね
届かない…この想いを差し伸べてみても☆

この未来(さき)君は 誰と結ばれるのだろう…
息苦しい…この想いは深海のjealousy

★仔猫のように笑うしぐさ 薫る微風(かぜ)を誘うshutter切るように僕は 瞬きしつづけ
心のアルバムに君だけを貼りつけた
Is it a friend? You will be connected to me why … ?★

アスファルト叩く 雨も君を消せない
本当は確かめたい…それさえ辛い

『優柔不断 眩しき太陽が映り込んでいるのに
刹那に抱くこの想いは そうだね 君を大切に想っているかも
それは言い訳?……』

★~★Repeat

☆~☆Repeat

The dazzling sun. It istotally you
I do not arrive … Evenif I look even if I hold out this thought(眩しい太陽 それはまるで君だね
届かない…この想いを差し伸べてもみても)

翻訳:友達?
僕と君は何で繋がっているのだろう…?

( Words:Wild Chan )

カミカゼを飲み干した時、グラス越しにliveする彼女が虹に交わるように映った。
「You change the same one.(同じものをお代わりだ)」

🎶 LEMON TEA // Shoko & Sexy Crime

地平線曇らすスコール
Still our destination
曇らない 君がいつでも Because I am by the side

惜しみ無くもたらすlove
Your smile in eternity
happinessを僕に与えるItis full of emotion

バイクを停め屋根下の自販機
昨日まで抱いていた壊れそうなtomorrow
今は鮮やかな君がI am bythe side I am by the side
ホットなLEMON TEA2人分けあった
A nightmare passed awayin an instant

下向きな想いのPeople
We do not have anymore that we mix
このスコール上がれば(止めば)A door is open

戸惑いをかき消すlove
I do not have a dream
happiness築く君とI am afraid of nothing

気まぐれ捨てた屋根下の自販機
ワンコイン引き換えに勝ち取るんだtomorrow
今は不思議じゃない君がIam bythe side I am by the side
ホットなLEMON TEA2人分けあった
A nightmare passed awayin an instant

( Words: Wild Chan )

リベルダージ―――――。 ある日の夜、この街の倉庫である取引が行われていた。
いや、決して俺達ではない。この俺にも日本の血が流れている。どの様な情報でこの倉庫での取引が漏れたのかは判らないが、
「日本小皇帝を知っているな。貴方をお呼びだ」
「何故俺の連絡先を知っている!!」
そのから銃声が聴こえた。
『不知道。這个街,万一…那个位到東西委托之類全部…(ブ- ジ- ダオ。ジョ- ガ ジエ,ワン イ- … ナ- ガ ウェイ ダオ ドン シ ウェイ トゥオ ジ- レイ チュエン ブ- …知らなかったんだ。この街が、まさか…あの御方が奴に全てを委ねたなんて…)』
何があったんだ?
「レイさんは確か貴方の妹さんでは?」
「貴様!レイに何をしやがった!!」
「ポルトガル語は苦手なんだが、心配するな。日本小皇帝がレイさんを救った。只お前の目で現状の景色を見ろとのmessageだ」
何があったんだ?何が…何がレイにあったんだ!!
ワナワナと身体が奮えていた。何が日本小皇帝だ。chinablue?中国方なのか?いや、確かに俺達は中国マフィアと対立しているが、リベルダージに手を伸ばすことはブラジルを低迷させるとまで言われている。それに『心配するな。日本小皇帝がレイさんを救った』と確かに言った。逢ってやろうじゃねえか、そのchinablueによ。
「★〇番地倉庫だな。判った」
その返答に対して一方的に通話が途切れた。

世界に散らばる中国マフィア引用
一九四九年に中華人民共和国が成立すると三合会は社会主義の敵として解体され、離散した彼らはアジア圏だけでなく欧米諸国にまで移住していった。
その中で東南アジアで活動する組織については既に触れたので、ここでは欧州や南北アメリカ大陸、オーストラリアなどで活動する組織について簡単にまとめてみる。 オランダ
14Kがハーグ、ロッテルダム、アムステルダムに縄張りを持つ。
また、シンガポール系の阿公が七十年代にアムステルダムに進出している。 イギリス
14K、新義安、和勝和、和安楽などがロンドンに縄張りを持つ。
ロンドンで最もよく知られる組織は14K配下の雙刀會で、八十年代に入ってからは新復會や中南會が台頭した。
このほか、和勝和はマンチェスターやサウサンプトンに、和安楽はサウサンプトンに、和合桃はグラスゴーやマンチェスターに、それぞれ縄張りを持つ。
和グループのボスだった通称“ジョージ・パイ”が七十五年に渡英し、イギリスにおける和勝和の麻薬密売基地をつくったとされる。 アイルランド
首都ダブリンに和勝和、和合桃が進出。
和合桃はヨーロッパでは水房の名で通っている。 フランス
八十年代に入ってから14Kが進出し、ラオ・シクフンと名乗るボスが中心となって、パリに大きな拠点を構えた。
ラオの死後、その後釜に座ったのはカオ・ウォンという男で、カオは黄金の三角地帯から麻薬を仕入れて欧州各地に捌いていた。 ベルギー
EUでの密航請け負いビジネスの拠点が存在するとされ、14Kなど複数の組織が進出している。 ドイツ
14K、阿公が進出している。 デンマーク
六十年代半ばにシンガポール系の石堂のメンバーがコペンハーゲンに派遣されたというが詳しい事は不明。 オーストラリア
勝和幇、新義安、14K、大圏幇、竹聯幇が進出。
勝和幇と大圏幇が大きな勢力を誇っているが、両者は対立関係にあり、血で血を洗う抗争が絶えない。勝和幇は最も早く上陸した組織でもあり、その構成員は数千人といわれる。大圏幇は八十九年頃に活動が確認された。 カナダ
大圏幇が一大勢力を形成しており、偽造クレジットカードの売買などを手掛けている。 ドミニカ
新義安が進出している。
メキシコ
九十年代になってメキシコの麻薬カルテルと中国系マフィアとの繋がりが明るみに。 ペルー
和グループが進出している。 パラグアイ
14Kが進出している。 サウジアラビア
竹聯幇が進出している。 これら海外グループの活動は地域ごとに管理されており、香港の大ボスからの指示を受けているわけではないという。
~幇と呼ばれた男(宮崎学)より~

「説明這个事態討得的銭物山岡?(シュオ ミン ジョ- ガ シ- タイ タオ ド- ダ チエン ウ- シャン ガン?この事態を説明して貰おか?)」
「是誰?(シ- シェイ?誰だ?)
「是来自日本小皇帝的口信(シ- ライ ズ- リ- ベン シャオホアン ディ- ダ コウ シン日本小皇帝からの伝言だ)」
「怎麼説chinablue…(ゼンマ シュオ chinablue …まさかchinablue…)」
何があったと言うのか?まさかリベルダージで何かが?日本小皇帝(chinablue)、あの御方から全てを委ねられた男。下手すれば… 、間違いない。 リベルダージで何かが起こったに違いない。

その夜―――。
俺を始め続々と集まるギャング達。厳重の警戒の中で倉庫のshutterが閉ざされた。
chinablue。奴がそうなのか。まだ若僧ではないか。「どういうことだ!?」 もの静かに奴が口を開いた。
倉庫内を見渡すと完全に武装した集団が俺達に狙いををつけていた。
「ククク、他所で麻薬を捌こうがドンパチを繰り返そうが構いはしない。しかしだ、これは見逃せないな。ましてこの街では特にな」
レイは何処なんだ?見渡す中で一人の男が屍となって倒れていた。
「リックと言うのはお前だな。確かククク、日系だと聞いているがお前には奴等と違って仁義を弁えていると思ったが、買い被りか?」
「それよりもレイは?それにその死体は?」
「ククク、日本の外務省の人間だ。日本の恥さらしだなククク」
俺達の目に飛び込んだ光景は正に悲惨そのものであった。
「呂,被共産国爬出来的人這个降低ロ馬?(リュ-,ベイ ゴン チャン グオ パ- チュ- ライ ダ レン ジョ- ガ ジアン ディ- マ?呂、共産国から這い出された者がこの低落か?)」
何故呂までが呼び出されているのか?これがchinablueという男なのか―――。
「不同。這个人們絶対不是我們的組織員。日本小皇帝,対被那个位委托全部的イ尓不説huang言(ブ- トン。ジョ- ガ レン メン ジュエ ドゥイ ブ- シ- ウオ メン ダ ズ- ジ- ユェン。リ- ベン シャオ ホアン ディ-,ドゥイ ベイ ナ- ガ ウェイ ウェイ トゥオ チュエン ブ- ダ ニ- ブ- シュオ ホアン イェン違う。この者達は決して我々の組織員ではない。日本小皇帝、あの御方から全てを委ねられた貴方に嘘は言わない)」
まさか…この彼女達や子供達は…。 

 人身売買から性奴隷まで。売られた赤ん坊が辿る7つの末路

2014-05-09 23:16:01 | ~この世界のために~

人身売買から性奴隷まで。売られた赤ん坊が辿る7つの末路
http://www.bllackz.com/2011/09/blog-post_30.html

子供たちが売られている。世界中のあちこちで当事者が逮捕されているが、実態が明るみになっているとはとても言えない状況だ。すべてが氷山の一角である。

売る側も、買った側も決して口を割らないし、売買の際には身分を隠す。そして、売られている当事者の子供たちは世の中がどうなっているのか分からないから声を上げることもない。人身売買の目的が臓器摘出であれば、子供たちは声を上げる前に死ぬ。

女性・子供の人身売買、中国で4,449件

全世界でそういった人身売買が横行しており、実はそれが増えていきそうだと言われている。

なぜ増えるのか。いくつか理由があるが、もっとも大きな理由は貧困国での人口が増加していることと、格差がさらに広がっていることである。

さらに、人身売買業者の国際的ネットワークが密になったことが上げられている。

臓器が売れるものだというのは人身売買業者では当たり前の話になっているので、20年も前から臓器売買目的の売買が格段に増えているのである。

現在、もっとも臓器売買の闇マーケットが大きいのは中国である。

中国では政府が臓器売買に関与したと思われる法輪功学習者の臓器摘出が2006年に問題視されてアメリカを巻き込んだ騒動になったことがあった。

しかし、その陰で1年間に5,000件以上もの子供の拉致・誘拐・売買も並行して起きている。2005年2月には以下のような記事が新聞にも掲載されていた。

▼女性・子供の人身売買、中国で昨年4449件摘発

女性や子供の誘拐・人身売買が頻発している中国で、昨年摘発された事件が計4449件に上り、8949人(女性5461人、子供3488人)が保護されたことが明らかになった。国営新華社通信が15日、警察当局者の話として伝えた。