第3話

転校
小さい頃のテヒョン
小さい頃のテヒョン
あっ!
あの!?!
先生
はーい、
じゃあ、まずは、それぞれ、係に別れてください.......
小学生時代のyou
小学生時代のyou
💭あれ、
いま、テヒョンくん、喋ったような.......
小学生時代のyou
小学生時代のyou
💭そんな分けないか.......






























その時間は終了










そして、2週間経った時だった
youのお父さん
あなた、大事な話があるんだ.......
小学生時代のyou
小学生時代のyou
どうしたの?
youのお父さん
実は、父さんの仕事の関係で、また、転校することになったんだよ。
小学生時代のyou
小学生時代のyou
えっ、うそΣ(・ω・ノ)ノ










そう、あなたも薄々、テヒョンにきずいていた。











もう少しだけ、テヒョンと一緒に居たかったな.......










その頃、テヒョンは、
幼い頃のジミン
で、その子が、小さい頃に出会ったあなたっていう子、なの?
小さい頃のテヒョン
小さい頃のテヒョン
うん。
幼い頃のジミン
もしかして、運命の人だったんじゃ.......( ≖͈́ ·̫̮ ≖͈̀ )ニヤァ
小さい頃のテヒョン
小さい頃のテヒョン
そんな訳、笑.......
あるかも!





やっぱり、運命の人だったのかな?










でも、まだ時間はあるし、
ちょっと、時間を、置いておこう



















そう、おもったのが、馬鹿だった


















































そして、転校する日、










あなたと、テヒョンは、




















話を、することもなく、










別れて、しまった