前の話
一覧へ
次の話

第1話

運命の人








私の恋人は



































































小さい頃に出会った





























アルバムの中のあの子でした。













































それは、まさに、



























































‴運命の人‴



















そうだったようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
違う小説も、出しているので、
たまぁに、出しますが、
ゆっくり投稿です。





ちなみに、他の小説は、

です。そちらも、是非読んでみてください。





あと、お気に入りと、ハートをください