無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,318
2021/11/26

第5話

4話
あなた
あの日、私はエマとケンチンの3人で祭りに行ってた
けど…私は誰かに呼び出されて2人に黙って離れたんだ……
あなた
でも…それがいけなかった……
小五郎
どういう事ですかな?
いつの間にかコナン達は

あなたの話に耳を傾けていた。

しかしあなたは

嫌な顔1つせずに淡々と答える。
あなた
あの日…
愛美愛主っていうチームに襲われて…
あなた
ケンチン…龍宮寺堅は死んだ
あなたの言葉に全員が息を呑む。
あなた
私があの時…
ケンチンの傍にいたら死ななかった…
コナン
…何で確信を持って言えるの?
あなたさんがいても、龍宮寺さんは亡くなったかもしれないのに……
あなた
そんな事ない
だって、俺は無敵のマイキーの姉貴だから
マイキーに蹴りを教えたの、私だし
タケミっち
えぇ⁉︎
タケミっち
マ、マ、マイキーくんの師匠…ですか?
あなた
姉であり師匠だね
タケミっち
(嘘〜ん‼︎⁉︎)
灰原
…マイキーって人に蹴りを教えた人なら救えるって、どう言う事かしら?
灰原の疑問に

あなたはどう説明しようか迷う。

そんなあなたの代わりに武道が答えた。
タケミっち
マイキーくんの蹴りは核弾頭みたいだって言われてたんだ
タケミっち
(山岸が目ぇ輝かせてたな…ハハッ……)
“核弾頭”

この言葉に元太、歩美以外は目を見開く。
コナン
か、核弾頭⁉︎
歩美
核弾頭ってな〜に?
光彦
爆発物の兵器の1つと同じですよ‼︎⁉︎
歩美
えーー!!!
元太
そんなヤベェやつなのかよ‼︎
元太
それの姉ちゃんってもっと怖ぇんじゃ…
元太と歩美、光彦はあなたに怯えた目を向ける。

あなたはそんな3人を見て苦笑した。
あなた
大丈夫、君達の事は蹴らないから
光彦
ほ、ホントですか…?
あなた
ホント!
歩美
良かった〜
元太
ビックリさせんなよな…
あなた
ごめんね
灰原
貴方は悪くないわ
あなた
ありがとう!
あなたは苦しそうな笑顔を武道達に向ける。

そんな中

コナンだけは別の事に頭を働かせていた。
コナン
(…あなたさんのその事件は俺も知っている、偶々記事を見かけたしな)
コナン
(俺が疑問に思うのはそこじゃない……何故、なぜ彼は…)


























コナン
(橘直人は生きているんだ…⁉︎)