無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,148
2021/11/26

第11話

10話
タケミっち
公安…?
安室
あぁ、君が東京卍會と繋がってると知ったからな
本当は彼女に聞きたかったんだが…
直人
繋がってるんじゃなくて
繋がっていたんですよ…12年前に
直人
で、何しにきたんですか?降谷先輩
直人は安室の事をジト目で見つめる。

武道は“降谷先輩”という言葉に驚いていた。
タケミっち
降谷先輩…⁉︎
え、安室さんじゃなくてっスか⁉︎
安室
それは仮の名前だ
仕事上しょうがない事なんだ
安室
それよりも橘
お前はいつから俺にそんな目を向けられる様になったんだ?
直人
うっ…
タケミっち
な、直人の知り合いか何か?
直人
降谷零先輩は僕が警察になりたての頃に
色々教えてくれた人なんですよ
タケミっち
え⁉︎直人の先輩⁉︎
武道は驚いた顔で安室を見る。

安室はため息をついた。
安室
そう言えばだが…
コナンくんと握手をしたよ
タケミっち
!!
直人
!!
安室
しかし、何も見えなかったそうだ
変わりに変わる前の世界を共有された
…確かに橘、お前は死んでいたよ
直人
なっ⁉︎どういう事ですか⁉︎
なら普通、佐野あなたにも記憶が共有される筈じゃ…‼︎
安室
恐らくだが
コナンくんと握手した者が
東卍と関わりの深い者なら過去の記憶をコナンくんに流し
東卍と関わりのない者なら変わる前の記憶をコナンくんが流す
タケミっち
そんな都合の良い握手が…
安室
だが
蘭さん達にも握手をして貰ったが記憶は覗けず
逆に前の世界の記憶を思い出したそ…
バンッ‼︎
タケミっち
っ!
安室
…何を怒ってるんだ、橘
安室は冷めた目で

武道は驚いた目で

机を叩き息を乱し安室を睨む直人を見つめた。
直人
怒りますよ…えぇ、怒りますよ‼︎
当たり前じゃないですか‼︎
直人
貴方は小学生の…
まだ小さな子供になんて事をさせてるんですか‼︎
蘭さん達のプライベートの保証はあったんですか⁉︎
コナンくんの精神面の保証はあったんですか⁉︎
僕はあの時のコナン君を見て後悔した‼︎貴方にはその気持ちはなかったんですか⁉︎
安室
ないな
それに橘、これはコナンくんにも、蘭さん達にも許可を貰ってやっている事だ
直人
でも!
??
大丈夫だよ、直人さん!
タケミっち
え、こ、コナン…くん?
タケミっち
何で君がここに…?
コナン
えへへへへ…
安室さんの事ついて来ちゃった‼︎
コナンはそう言いながら3人に…

否、正確には直人に近づいた。
コナン
直人さん、僕は大丈夫だよ?
怒ってくれてありがとう!
コナン
直人さんのお姉さんを救う為には僕達も記憶を持っていた方が都合が良いかもしれないから!
こんなに便利な握手、逆に使わないと損だよ!
コナン
皆で直人さんのお姉さん…
日向さんを救おう‼︎
直人
っ…ありがとう…ありがとっ……
直人は膝をつき

コナンの両肩に手を置いて涙を流していた。