第62話

🐇





信じられなかった、









赤い血で染まる父と母の姿は、









無惨で私の心をきつく縛り付けた。









でもその状況を理解するにはそう時間はかからなくて、









殺されているという状況に、









ただ涙を流すことしか出来なかった、。









そして、気づいた時には









警察に連れてかれ、









洗脳させるように叩き込まれた、



























娘の私が"殺した"ということを、。





NEXT_