第130話

🐇










ぬな、、?









じょんぐく
じょんぐく
おい、ッ、、!



慌てて下を見ると、









血を流して倒れていた









ぬなの姿がそこにあった。









じょんぐく
じょんぐく
ぬな、、?ねぇ…、、
じょんぐく
じょんぐく
ぬなぁぁッッ、、!!!!!






それからといえば、









ぬなはもう一生、









目が覚めることは無かった、。







NEXT_