無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

神殿に到着。ギルドを取り戻す。
まりえ
これで神殿に行けるわね。
タケル
ああ。やつが言ってたことが気になるけどな。
しんじ
魔族が支配したと言うやつか。
タケル
ああ。だとしたら、その魔物を倒さないと、ギルドは復活しない。
ナリータ
なら、早く倒そうよ。
まもる
急ごう。
タケルたちは、神殿に到着した。魔物がまがまがしい気配を出している。
魔物
なんだ。お前たちは。ここは我らの場所。関係ないやつは立ち去るが良い。
タケル
ここは魔族の場所じゃない。神聖な神殿だ。お前らこそ失せろ。
魔物
そこまで言うなら、我を倒せ。この中には主がいるがな。
大魔王の僕が現れた。
体力5000 攻撃470 守備390 魔法200
魔物
まずは、小手調べから行くぞ。
大魔王の僕は爆発魔法を唱えた。タケルたちに60ダメージ。
ナリータ
私だって使えるよ!
ナリータは爆発魔法を唱えた。大魔王の僕に60ダメージ。
魔物
なかなか。だが、これで終わりにしよう。
大魔王の僕は黄色い霧を発生させた。
タケル以外のメンバーが麻痺してしまった。
魔物
お前はこれで良いだろう。
大魔王の僕は炎の魔法を唱えた。タケルは跳ね返した。大魔王の僕に50ダメージ。
魔物
お前はまさか。
タケル
力を。
タケルの武器が光った。攻撃が倍になり、仲間の麻痺が治った。
タケル
うりゃあ!
タケルの攻撃。会心。大魔王の僕に350ダメージ。

タケルの攻撃が上がっている。タケルの攻撃がさらに上がった。
タケル
うりゃあ!
タケルの攻撃。会心。大魔王の僕に550ダメージ。

タケルの攻撃が上がっている。
タケルの攻撃がさらに上がった。
攻撃力が10倍になった。
タケル
うりゃあ!
タケルの攻撃。会心。大魔王の僕に850ダメージ。

タケルの攻撃が最大になった。
攻撃力が25倍になった。
タケル
とどめ!
タケルの攻撃。会心。大魔王の僕に1400ダメージ。

タケルの攻撃がもとに戻り、全員の守備が10倍になった。
魔物
まさか、この私が押されるなんて。
タケル
終わりだ。
魔物
ならん!食らえ!
大魔王の僕の攻撃。しかし、タケルたちに効いていない。
タケル
力を。
タケルの攻撃が再び最大になった。
タケルの攻撃。会心。大魔王の僕に1400ダメージ。大魔王の僕を倒した。
1400経験値をもらった。
魔物
ぐっ。仕方ない。通るが良い。我が主はもっと強いぞ。
タケルたちは神殿の中に入る。
タケル
ここからだな。
まりえ
回復しときましょう。
まりえは回復魔法を唱えた。タケルたちの体力が回復。
しんじ
あれか?
まもる
そうみたいだな。
モンスター
お主らか?ここに忍び込んだ人間どもは。虫けらのくせにいい気になりおって。ここは渡さんぞ!
巨大アンクルが現れた。
体力7000 攻撃900 守備600 魔法400
まりえ
かなりの強敵ね。
タケル
ああ。勝てるかわからない。
モンスター
まずは、死ねい!
巨大アンクルは黄色い霧を発生させた。タケルたちは麻痺してしまった。タケルたちは全滅してしまった。
タケル
こんなはずは。
モンスター
ぐわっはっは。こいつらを閉じ込めろ!