無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

ノースアイランド 北の洞窟
町に戻ったタケルたちは、報告した。
町の人
それはグレートソード。そんな貴重なものが眠ってたのか。それがあれば、北の洞窟の魔物を倒せるかもしれん。日に日に強大になってるみたいなのだ。
タケル
だんだん強くなってる?
町の人
姿を変えながらな。
しんじ
それって。
タケル
ああ。あの女王だ。魔王に消されたと思ったがな。
町の長老
気を付けていくのだぞ。やつはいろんな術を使ってくるみたいだ。
まりえ
こっちも負けられないわね。
ナリータ
やっつけよう!
タケルたちは、北の洞窟に向かった。
そこに倒れてる人が。
タケル
大丈夫ですか?
かなり弱っているみたいで、うめきながら、『君はタケル君か』と言って、動かなくなった。
まりえ
誰かにやられたのかしら?
タケル
一人しかいないだろう。
しんじ
あの女王?
タケル
ああ。
タケルたちは、洞窟の中に入った。
ナリータ
寒いわね。
魔物
ここから先は通さん。主が忙しいのだ。
手下が道を塞いだ。
体力1400 攻撃330 守備270 魔法130
タケル
倒すしかないのか?
魔物
ほう。この私を倒す気か。良いだろう。受けて立つ!
ギガントバースト!
なんと、手下の攻撃と守備が倍になり、魔力が増幅した。
しんじ
ヤバイぞ。
タケル
この剣がある。
魔物
死ねい!
手下は輝く息を吐いた。タケルには効かなかった。しんじ・まりえ・まもる・ナリータは死んでしまった。
タケル
うおりゃー!
タケルの攻撃。会心。手下に240ダメージ。魔法効果が切れた。
魔物
なんだと?くらえー!
手下は輝く息を吐いた。タケルは跳ね返した。手下に150ダメージ。
魔物
うぐ。まさか、跳ね返されるなんて。
くらえー!
手下は輝く息を吐いた。タケルは跳ね返した。手下に150ダメージ。手下の守備が下がった。
タケル
食らえ!
タケルの攻撃。会心。手下に400ダメージ。手下の守備が下がった。
魔物
ヤバいな。もう、これで終わりだー!
手下は体を飛ばしてきた。タケルは50ダメージを受けた。
タケル
そっちこそ終わりだ!
タケルの攻撃。会心。手下に550ダメージ。手下を倒した。

タケルは300経験値と100ゴールド手に入れた。

しんじたちが生き返った。
しんじ
タケル、倒したのか?
魔物
まさか、負けるなんて。主、すみません。
手下は消えた。
謎の女性
謎の女性
全く、役立たずね。坊や、まさか、ここまで来るなんて。
まあ、いいわ。これが最後の戦いよ。掛かってきなさい!
氷の女王が現れた。
体力3000 攻撃290 守備350 魔法500
謎の女性
謎の女性
死んでおしまい!
氷の女王は凍える吹雪を吐いた。タケルたちに60ダメージ。
タケル
食らえ!
タケルの攻撃。会心。氷の女王に140ダメージ。氷の女王、守備が下がった。
しんじ
てやぁ!
しんじは攻撃。氷の女王に55ダメージ。
謎の女性
謎の女性
大したことないわね。食らいなさい。
氷の女王は魔法を唱えたが、かきけされた。
謎の女性
謎の女性
なぜ?
タケル
食らえ!
タケルの攻撃。氷の女王に220ダメージ。氷の女王の守備が下がった。
ナリータ
応戦するよ。食らえ!
ナリータは爆発魔法を唱えた。氷の女王に90ダメージ。
まりえ
回復しましょう。
まりえに回復魔法を唱えた。タケルたちの体力が回復。
タケル
これもな。
タケルは補助魔法を唱えた。タケルたちの守備が上がった。
謎の女性
謎の女性
坊やから殺す必要がありそうね。死にな!
氷の女王の攻撃。タケルはダメージを受けない。
謎の女性
謎の女性
バカな!
タケル
死ね!
タケルの攻撃。会心。氷の女王に280ダメージ。氷の女王のベールが剥がれた。体力が下がった。攻撃が下がった。
謎の女性
謎の女性
ここまでやるなんて。死ね!
氷の女王は輝く息を吐いた。タケルには効かなかった。しんじたちは死んでしまった。
謎の女性
謎の女性
坊やだけになったわね。死ね!
氷の女王は輝く息を吐いた。タケルは跳ね返した。氷の女王に300ダメージ。
謎の女性
謎の女性
まさか、跳ね返すなんて。
タケル
死ね!
タケルの連続斬り。会心。氷の女王に合計1080ダメージ。
謎の女性
謎の女性
ぬぐっ。押されてるですって?これはどうかしら?
氷の女王は氷の魔法を唱えた。タケルには効かなかった。
タケル
終わりだ!
タケルの攻撃。会心。氷の女王に500ダメージ。
氷の女王を倒した。

タケルは600経験値と200ゴールド手に入れた。
謎の女性
謎の女性
悔しいー!覚えていなさい!
今度こそ、本当に女王を倒した。
タケル
やった!
仲間が生き返った。
まりえ
やったのね!
ナリータ
さすが!
しんじ
ありがとう!
タケルたちは、洞窟を後にした。