無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

ノースアイランド(現在:復活後)
 タケルたちは、洞窟から出てノースアイランドに戻ると、現在に戻った。魔物たちを倒したので、町の人も復活した。
町の人
この度はありがとうございました。
町の長老
ご苦労だった。お前さんたちはここからどこに行くか分からないんだろう?
タケル
そうなんです。
町の長老
北の関所から、さらに北に行くと神殿がある。かつては転職をしていたそうだが、今はこの地区のギルドハウスになっておる。お前さんたちの助けになるだろう。
タケル
ありがとうございます。
町の長老
気を付けていくのだぞ。あと、これを持っていくが良い。
タケルはブラックオーブを受け取った。
町の長老
それはいつか役に立つだろう。まだ、他にもあるかもしれないから、探してみると良い。
タケル
ありがとうございます。
タケルたちは、ノースアイランドを後にした。
しんじ
次は神殿か。
まりえ
そうね。楽しみだわ。
ナリータ
早く行こう!
【北の地下通路】
まもる
ここを通らないといけないのか。
タケル
そうみたいだな。
タケルたちは、地下通路を通る。
すると、敵が立ち塞がっていた。
魔物
ここより先は魔王の命により、誰も通すことは出来ん。
タケル
やるしかなさそうだな。
まりえ
そうね。
魔物
この私を倒す気か?良いだろう。
魔王の手下は全ての魔力を開放した。魔王の手下は巨大化した。
体力9999 攻撃999 守備999 魔法無限
まもる
こんなの勝てるわけないよ。
タケル
やってみよう。食らえ!
タケルの攻撃。魔王の手下に1ダメージ。
タケル
なっ。
魔物
闇の力を知るが良い。
魔王の手下は黒い霧を発生させた。タケルたちは死んでしまった。
魔物
バカな奴らよ。
タケルたちは、ノースアイランドで目を覚ました。
町の長老
気づいたか。お前さんたち、地下通路を通ろうとしたのか?今のお前さんたちでは無理だ。
タケル
うう。だけど、神殿に行くには……
町の長老
地下通路を通っても、神殿には行けんぞ。
タケル
えっ?
町の長老
魔王のまやかしだ。あの魔王の手下はA級モンスター。今のお前さんたちでは倒せない。
まりえ
なら、どうやって行けば?
町の長老
北に神の町という聖職者が暮らす町がある。まずはそこに行って情報を集めるのだ。
タケル
分かりました。