プリ小説

第4話

#3
優梨は急いで屋上に向かう
ダダダダダダダダダダ
優梨
優梨
ハァハァハァ、、、
玲於
玲於
(あいつおっせーな)
ガチャ
玲於
玲於
(イッてーってお、来たか。この際だから驚かすか)
優梨
優梨
どこにいるんだろー?…
優梨はあたりを見渡す
優梨
優梨
(いないじゃん。どこいるんだよぉ全く)
優梨は玲於にLINEをしようとした瞬間
玲於
玲於
わぁ!!!
優梨
優梨
わぁっ!ちょっ、驚かさなくても
てかどこにいた?!
玲於
玲於
そこっ
玲於が指している先は
私が思いっきりドアを開けたところに隠れてた
優梨
優梨
で、なに?
玲於
玲於
あ、あぁ~。
ちょっと、話しよーぜ
優梨
優梨
珍しいじゃん
玲於から誘ってくるとか
滅多にないしね
玲於
玲於
話ぐらい誘うわ
バーカ
優梨
優梨
バカですみませ~ん。
で?
私たちは屋上にあるベンチに座った
玲於
玲於
あのさ、優梨って高校になったら
部活とかはいんの?
優梨
優梨
んー今は考え中かな
でも芽郁とは一緒の部活に入る予定
玲於
玲於
お前さ、ダンス部一緒に入らねー?
優梨
優梨
ダンス部?!
○○高校ってダンス部強いので有名じゃん?!
私が入れると思うかー?
踊ったことなんて盆踊りぐらいだし
玲於
玲於
盆踊りとかまじうけるw
優梨
優梨
盆踊りしか踊ったことない人に
強豪のダンス部に入るとか
みんなの足引っ張るわ絶対
玲於
玲於
そっかー。
優梨
優梨
何いきなりそんなこと?
玲於
玲於
俺ら小さいっ頃からずーっと一緒だったのに高校の部活が違くなっちゃうと寂しいからさ
中学ではわたしと芽郁は女バス
玲於は男バスに所属しながらダンス教室にも通っている
優梨
優梨
玲於もたまにはそう思っているんだ
玲於
玲於
俺もそのぐらいの感情は持ってるわ
優梨
優梨
玲於可愛い((小声
玲於
玲於
今なんて言った?
優梨
優梨
なんにも言ってないよ
玲於
玲於
あっそ、ならいいけど。
待って、さっき優梨の奴
俺のこと可愛いって言ったよな?言ったよな?
そう言われると…s
キーンコーンカーンコーン
優梨
優梨
あ、丁度チャイムなった
じゃあまた教室で✋
玲於
玲於
優梨!
玲於は私の腕を掴む
優梨
優梨
ん、なに?
玲於
玲於
今日部活ないし一緒に帰んないか?
優梨
優梨
芽郁と帰るけど一緒でもいいなら
玲於
玲於
そ、そか
じゃあいいや
ごめんっ呼び出して
優梨
優梨
大丈夫だよ!また話そ
幼馴染、同士ね
玲於
玲於
お、おう!
優梨はドアを開けて教室に戻った
玲於
玲於
(俺って奴は、まだ我慢だ自分)
玲於はその場でしゃがみこみ、スマホをいじる
玲於
玲於
そろそろ教室戻らないとな
優梨に続いて玲於も教室に戻った
_______________________

新しい小説を書きます

そちらもお気に入りやいいねお願いします!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

マリモコロコロ💃
マリモコロコロ💃
#EXILE #EXILE SECOND #三代目 J Soul Brothers #GENERATIONS #THE RAMPAGE August 29th 数寄コンビ大好き♡ 「出会いと別れ」 ➥続く 「甘いボイスと再会」 「THE 青春🍃」 ➥マイペースで更新中 皆さんありがとうございます!! 両作品ともランキングinしていました✨ これからもよろしくお願いします 漢字ミスあったらコメントお願いします🙏 皆さんには迷惑かけると思います🙇💦
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る