第2話

甘い時間。
1,716
2019/07/30 14:56
はぁ、今日もバイト疲れたぁー!
と、玄関のドアを開ける。
ガチャ
さとうちゃん
…!!しおちゃん!おかえりなさーい!
しおちゃん
さとちゃん…!ただいまっ!
と、さとちゃんをギューっと抱きしめる。
これが毎日の日課。
甘いなぁ…。疲れが甘さで取れていく。
しおちゃん
よし!さとちゃん、お風呂入ろっか!
さとうちゃん
うんっ!入るー!
と…お風呂に入って、寝る前。
しおちゃん
ねぇ、さとちゃん。『誓いの言葉』しようよ!
さとうちゃん
うん!する!私、ちかいのことば、知ってるよ。
へ…?どうして?教えた事ないはず…。
と、考えていると、さとちゃんが誓いの言葉を唱えだす。
さとうちゃん
ちかいのことば

やめるときも
すこやかなるときも

よろこびのときも
かなしみのときも

とめるときも
まずしいときも

しがふたりを
わかつまで

私はしおちゃんが
大好きなことを
ちかいます
しおちゃん
…!!さとちゃん、なんでそれを…?
さとうちゃん
あのね、私、夢を見たの!
私としおちゃんが向かい合ってこれを唱えるゆめ!
さとうちゃん
何回も見るから覚えちゃった!
すごい…!記憶まで少しあるの…?
しおちゃん
うーー…
さとうちゃん
しおちゃん?
しおちゃん
さとちゃん大好き!!
さとうちゃん
ふふっ、私もだよ!しおちゃん!
そんな会話をした後に、誓いの言葉を唱えてベットに入る。
さとちゃんの体温がポカポカ温かかった。
ああ…幸せだなぁ…。
そう。幸せ。
だからこそ、私はこの生活を守らないといけない。
だから、この幸せを邪魔するものは排除するの。
どんな手を使っても。

プリ小説オーディオドラマ