無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

_____
もうこれ以上、失うものは何もない。


































あの日、俺達家族の日常は砂の城を崩すように、崩れ落ちた。























もう二度と戻らない。手のひらから砂がこぼれ落ちていくように、
時間だけが流れていった。






















俺が家族を殺したんだ___