無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

🐴
pruuuuuuu(ソユンの電話が鳴る音)






















ソユン
ソユン
ヨボセヨ?
ナム
ナム
ヨボセヨ?
ソユン?
ソユン
ソユン
おぉ、ナムどうした?
ナム
ナム
今日なんだけどさ、急用ができちゃってWデート行けなくなっちゃった💦
ごめん🙏
ソユン
ソユン
あー、おけおけ👍
じゃあ、2人には伝えておくね!




















.
私
私
ソユン?
なんの電話?
ソユン
ソユン
あーあのね、私の彼氏が来れなくなっちゃったらしくてさ...
私も帰ろっかな~と思って
私
私
え、え、え、ちょっと待って
それじゃあ、なんの面識もない私たちを2人きりにするってこと?!
ソユン
ソユン
ん~、だって私ホソクさんの連絡先知らないし...
断るに断れないんだよね~
ソユン
ソユン
気まずかったらすぐ帰ればいいよ!
ホソクさん、優しい人だし✨
私
私
うん...
ソユン
ソユン
てことで、私はここで~!
バイバーイ👋
私
私
(1人になったはいいけど、
どうしよう😖💧)
























.