無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

とある場所にて
みんなが寝静まった頃、事務所の近くのとある場所にて
アルフィス
アルフィス
やっぱりここに居たのか、、寝ないのか?ミルーナ。
ミルーナ
ミルーナ
ええ、
アルフィス
アルフィス
こんな夜遅くにこんな所でどうした?
ミルーナ
ミルーナ
タコのことよ、、、
アルフィス
アルフィス
アイツのことか、、
アルフィス
アルフィス
俺は信じたくないが、、、
ミルーナ
ミルーナ
急な性格の変化。
ミルーナ
ミルーナ
肉体の変化。
ミルーナ
ミルーナ
記憶が一部無い
ミルーナ
ミルーナ
喋り方や物の扱いさえも変わっている。
アルフィス
アルフィス
間違いない、、だろうな、、
ミルーナ
ミルーナ
この症状は、、
アルフィス
アルフィス
、、、
アルフィス
アルフィス
完全に二重人格の症状と一致している。
アルフィス
アルフィス
、、、
アルフィス
アルフィス
そしてそれは、、、
ミルーナ
ミルーナ
ええ。あの噂と同じ。
アルフィス
アルフィス
、、、
アルフィス
アルフィス
もう俺は帰るぞ
ミルーナ
ミルーナ
ええ。私もそうする。