無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

ピンチ!
アルフィス
アルフィス
タコ!
ミルーナ
ミルーナ
タコ
タコ
えっとすっごくピンチですね、、アハハハ、、
レイ
レイ
言ってる場合!?
ヨーナ
ヨーナ
どうしてそんなにおちついてるの?!
自分でも驚くほどに落ち着いている。
???
???
何だコイツ、、、
???
???
では、、気を取り直して、、
???
???
さようなら。
ナイフが自分の首に近づいてくる。
アルフィス
アルフィス
タコー!
タコ
タコ
、、、
意識を集中させる。
???
???
!?
???
???
ナイフが、、、無い、、?
タコ
タコ
ナイフならここだよ
???
???
!?
グサッ
ナイフで首を刺す。
ヨーナ
ヨーナ
!?
パチパチパチ、、、
???
???
素晴らしい!
男が拍手をする。
仮面の男は玄関のドアにいた。
レイ
レイ
ミルーナ
ミルーナ
!?
すると僕の後ろにいたはずの男が霧みたいに消えた。
ミルーナ
ミルーナ
!!?
タコ
タコ
?!
アルフィス
アルフィス
どういうことだ?
レイ
レイ
まさかっ!
男が玄関から帰って行こうとする
アルフィス
アルフィス
どういうことだ?
???
???
さぁ、、、?
アルフィス
アルフィス
タコを殺さないのか、、?
???
???
ええ
私は確認しに来ただけですから、、、
???
???
あの方の子孫の様子を、、、
タコ
タコ
!?
アルフィス
アルフィス
?!
ミルーナ
ミルーナ
!?
???
???
では、、、
さようなら