無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

一緒にバイト
あなたside
私は、早足で校門まで行った。
すると後ろから
???
あなた
あなた

ん?

あなた

あ、勇太!

神宮寺勇太
バイト、だよね?
あなた

うん

神宮寺勇太
一緒に行ってもいい?
あなた

うん!もちろん!

あなた

1人じゃ心細いし

神宮寺勇太
そっか、ならよかった
【コンビニ】
あなた

こんにちは〜

神宮寺勇太
こんにちは〜
あなた

よろしくお願いしまーす

香店長さん
あーこんにちは〜
香店長さん
あれ、2人で来たの?
あなた

はい!

あなた

ばったりあったもんで

神宮寺勇太
そ、そうなんです
香店長さん
ふーんニヤ
あなた

なんですか?

香店長さん
ううん
香店長さん
なんでもないよー
チャランチャララララーンお客さんの出入りの音
香店長さん
いらっしゃいませー
神宮寺勇太
いらっしゃいませー
あなた

い、いいらっしゃいませ〜

神宮寺勇太
大丈夫?笑
あなた

あ、ちょっと緊張しちゃって小声

神宮寺勇太
俺がいるから、安心して小声
あなた

ありがと小声









なんとか、今日の仕事が終わった。
香店長さん
お疲れ様
あなた

お疲れ様です

あなた

これ、片付けましょうか?

香店長さん
いいよいいよ
香店長さん
あなたちゃん緊張して疲れてるでしょ?
香店長さん
それにもう暗いから
香店長さん
帰っていいよ
あなた

ありがとうございます!

香店長さん
勇太くんもあがっていいよ
神宮寺勇太
ありがとうございます。
神宮寺勇太
お疲れ様でしたー
香店長さん
はーい
私たちは、外にでた。