無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

大家さんのお孫さん
で、いろいろ思い出話をして時間が過ぎていった。
【アパート】
【LINE】────────────────
あなた

ねぇ

あなた

廉がうちの学校来たんだけど

こたろー
こたろー
え!!マジ!?
あなた

マジ!!

あなた

しかも隣の席

あなた

こっち来るぐらい伝えてよ!

こたろー
こたろー
いやまさかあなたの学校とは思えんくてな
こたろー
こたろー
ちゃんと伝えよーとしとった
あなた

そか

あなた

部活忙しいの?

こたろー
こたろー
まーね
こたろー
こたろー
あと少しで試合やから張り切っとる
あなた

へーー

あなた

虎太郎が?

こたろー
こたろー
なんだよ!
あなた

うそうそ

あなた

サッカー、頑張って💪

こたろー
こたろー
おう
─────────────────────
私はスマホを閉じ、ベッドにダイブした。
虎太郎も頑張ってるんだなぁ〜
私も頑張らないと
  

















ピピピピピピ〜〜〜〜〜アラーム
あなた

んーー

もう朝か、
今日は余裕をもって、外に出た。
スマホをみた。
[7:53]
あと7分か集合時間まで
???
まってー
???
つかまえてみろー
子供たちの声がする
小学生かな
女の子が男の子を追いかけている
???
あっ
バタン
あなた

あっ!!

女の子が転んじゃった
???
だいじょーぶ?
???
う、う、うぇーーーーん(大泣)
あなた

ああぁ〜〜〜慌てながらかけよる

あなた

痛かったね〜

あなた

大丈夫大丈夫!

あなた

立てるかな?

???
ううん、グス首を降る
あなた

そっかー

あなた

おうちはどこかな?

???
そこ
男の子がアパートの隣の家を指した。
そこって
大家さん家だよね
お孫さんかな?
でもたしか、高校生の孫がいるって......
???
ひびき〜、かなで
???
そろそろ行くぞー
男の人の声がした。
その人は大家さん家から出てきた。
???
お兄ちゃん!!
???
あ、奏どした?
あなた

あぁ〜

あなた

さっき、転んじゃったみたいなんです

???
あーどうもすいません
???
ありがとうございます
あなた

いえいえ

???
奏立てるか?
奏(かなで)
むーりー
奏(かなで)
お兄ちゃんだっこ
???
しょーがないなー
響(ひびき)
いいなーぼくも〜
あなた

あなた

ちょっと待ってください

確かバッグの端っこのポケットにあるはず.....
あなた

あった!

あなた

かなでちゃんだっけ?

あなた

ちょっと座って膝出して

奏(かなで)
はい、
そう言って私は、絆創膏をはってあげた
???
ありがとうございます!!
???
ほら、奏も
奏(かなで)
あ、ありがとございます!
???
ああ!こんな時間!!
???
すみません、急いでいるので
???
ほら行くぞ!2人の手をとった
奏(かなで)
はーい
響(ひびき)
えーーーー
???
また今度、お礼を〜走りながら
響(ひびき)
ばいばーい一緒に
奏(かなで)
ばいばーい一緒に
あなた

ばいばい手を振る

平野紫耀
誰に手ー振ってんの?
あなた

あぁおはよ

平野紫耀
おう
あなた

多分大家さん家のお孫さん

平野紫耀
ふーん、みんな?
あなた

うん、お兄ちゃんって呼んでたから

平野紫耀
へーー、結構年離れてね?
あなた

そーだね

あなた

弟、妹の世話かー

あなた

大変そうだけど、いいお兄さんだよね

平野紫耀
そーだな
羨ましいなー
うち、兄弟姉妹いないからな〜