無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

あいさつ
大家さんに挨拶してきます。
たしか、アパートの隣の一軒家だったっけな?
花守はなもりさん家。
あなた

あ、あった!

♪ピンポーン
花守さん
はぁーい
ガチャドアを開ける音
あなた

こんにちは〜

あなた

アパートに引越ししてきた天海あなたです。

花守さん
あぁーあなたちゃんね
こんにちは
花守さん
待ってたわよ
よろしく〜
あなた

よろしくお願いします!

花守さん
たしか、あなたちゃん高校生だったわよね?
あなた

そうです。桜東さくらひがしに通っています

花守さん
あら、うちの孫と同じ学校じゃない
あなた

そうなんですか!

花守さん
ユウタっていうの。今度会わせてあげるね
会ってみたいなぁ。ユウタくんか〜
あなた

はい!楽しみにしてます!

そして、
花守さん
じゃあ、
と言って花守さんは歩き始めた
花守さん
そこがあなたちゃんの部屋ね
2階の一番端の部屋を指さして言った。
花守さん
はい。鍵を渡した201の鍵
あなた

ありがとうございます鍵を受け取る

花守さん
そういえば、あなたの隣の202、たしか高校生の男の子が住んでたかしら。
あなた

そうなんですか!
今度あいさつしてみます!

そう言って
私は階段を登り、ドアを開けた。
ガチャドアを開ける音
今まで、広い家に住んでたから狭く感じる。
だけど、1人部屋より少し大きめだから
ちょうどいいかな。
明日から学校だし、片付けしないといけないから、あいさつは帰って来てからしよっと
ピロン着信音
【LINE】────────────────
しょう
しょう
おーい
あなた

お茶笑

しょう
しょう
おおーナイス笑
あなた

で、何?笑

しょう
しょう
明日アパートに行けばいいんだな?
あなた

そそ

しょう
しょう
寝坊すんなよ笑
あなた

そう言う紫耀こそ寝坊すんなよ笑

しょう
しょう
俺、1度も寝坊したことがねーよ
あなた

あっそ

しょう
しょう
なんだよそれ
あなた

おやすみ〜

しょう
しょう
寝んの早
あなた

寝坊したくないんで

しょう
しょう
そ、じゃあまた
あなた

また明日ね〜

─────────────────────
ピピピピピピ〜〜〜〜〜アラーム