無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

部活
5月某日 
あなた

おはよぉー紫耀

平野紫耀
おっ今日は寝坊してないんだ
あなた

うるさいっ

あなた

ほら、行くよ!

平野紫耀
はいはい
平野紫耀
あ、そういえば今日来るよね部活
あなた

行くに決まってんじゃん

平野紫耀
今日、1年生参加する日だよ
あなた

楽しみだな〜

あなた

何人入るかな?

あなた

あなた

由衣おはよー

広瀬由衣
おはようあなた
広瀬由衣
今日ははやいね
あなた

由衣までそんなこと言って〜

あなた

昨日は、たまたまですぅ

広瀬由衣
今日は部活来るでしょ?
あなた

さっき、紫耀にも聞かれたんですけど

広瀬由衣
あ、そーなの?ごめん
あなた

大丈夫大丈夫

あなた

行くよ部活

岩橋玄樹
おはよ!あなた!
あなた

あっおはよ玄樹!

広瀬由衣
えっ可愛い(ボソッ)
広瀬由衣
知り合い?
あなた

うん。隣に住んでいる子。

平野紫耀
へーー
岩橋玄樹
岩橋玄樹です。A組です!
岩橋玄樹
よろしく〜
広瀬由衣
私、広瀬由衣。あなたと同じクラス
広瀬由衣
よろしく!!
あなた

こいつは、平野紫耀指さして。幼なじみなの

平野紫耀
こいつ言うなし!指も指すなって
岩橋玄樹
へぇ仲いいんだね!
岩橋玄樹
よろしく
平野紫耀
おう。よろしく。
あなた

昨日一緒になべ食べたんだよね〜

岩橋玄樹
ね〜美味しかったね〜
広瀬由衣
えーずるっ!私も入れて欲しかったな
平野紫耀
俺もっ!
あなた

じゃあ今度は4人でたべよ!

岩橋玄樹
そうだね〜
岩橋玄樹
じゃあまたね
あなた

うん!また。

広瀬由衣
ばいばーい
広瀬由衣
ねぇ!
あなた

なに?

広瀬由衣
あの子、ゲンキ君?って子
広瀬由衣
めっちゃ可愛いかったんだけど
あなた

あー確かにイイ顔立ちしてるね

広瀬由衣
なんか、女子やめたくなる
あなた

そんなこと言うなって、由衣も可愛いじゃん!

広瀬由衣
はいはい。お世辞でも嬉しいよーだ
あなた

ほんとのことなのに〜

平野紫耀
ねー時間
平野紫耀
せっかく早く来たのに
あなた

あーそだ

あなた

忘れてたぁ

広瀬由衣
急ご!
あなた

うん

─────────────────────
《放課後》【多目的ホール】
あなた

うわぁー、結構いるね1年生

広瀬由衣
うん、去年よりは多いね
平野紫耀
こんな多くて踊れるの?
あなた

そんなこと言わないの

広瀬由衣
たしか、体育館にも大きな鏡があったよね
あなた

じゃあ、交換で踊れるな

???
あのー
あなた

ん?

あなた

私?

???
あ、はい。天海あなたさんですよね?
あなた

あぁそうですけど...

んー?
なんか見たことのある顔...
???
覚えていますか?
???
僕、
髙橋海人
髙橋海人です!
広瀬由衣
ああぁ!!
広瀬由衣
去年のダンスコンテストで優勝した子かぁぁ
平野紫耀
えっうそ!!あの高橋海人?
あなた

えっ、高橋海人って2年連続優勝してた子だよね?

髙橋海人
はい。そうです。
髙橋海人
よく、ご存知で。
そうだった。
この子、2年前個人で優勝し、去年個人とグループで優勝してる
平野紫耀
いやーもうね
広瀬由衣
あなたは、毎年行ってるからね
そう、私は毎年このコンテストに出場していた。
しかし、受験のためダンスをやめたから3年前中学二年生の出場が最後だった。
それから、このコンテストを見にいっている
あなた

で、どうして私?

髙橋海人
えっとー
髙橋海人
3年前の大会で個人優勝してましたよね?
あなた

あー、うん、まぁ

そう、最後の最後で初めて優勝できたのだった
髙橋海人
そんとき僕、2位だったんです
広瀬由衣
え、あのキャップの子?
髙橋海人
はい
髙橋海人
でも、すごく点の差があって
髙橋海人
それで、いつか天海さんを超えることが僕の夢だったんですけど