無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

豪雨
足立先生
今日の夜、雨風強くなる予報だから外には出ないよーに
生徒達
はぁい
永瀬廉
はぁー
あなた

ん、どした?ため息なんかついて

永瀬廉
ちょっとね
永瀬廉
親と喧嘩しちゃって
あなた

そっか、大丈夫?

永瀬廉
うん、まぁ







ザーーー雨音
広瀬由衣
あ、雨
あなた

えー

平野紫耀
やみそうにないな、
あなた

傘忘れた...

広瀬由衣
まじか、折りたたみぐらい持ってきなよ
あなた

大丈夫大丈夫

あなた

走って帰る!

広瀬由衣
いやダメダメダメ
広瀬由衣
一緒にはいろ?
あなた

いいの!?

広瀬由衣
いいよ!
永瀬廉
お前らはバカか
あなた

え?

広瀬由衣
ん?
永瀬廉
家、逆方向だろ
広瀬由衣
あ、
あなた

あちゃー

平野紫耀
あ、じゃあ俺んとこ入りなよ
あなた

え、いいの?マジ神

平野紫耀
お、おう
広瀬由衣
良かったね紫耀
平野紫耀
え、あ、いや、その、
平野紫耀
可哀想だからだよ、
永瀬廉
紫耀
平野紫耀
ん?
永瀬廉
落ち着け笑
あなた

じゃあまた明日ね

永瀬廉
じゃあな
広瀬由衣
またね
平野紫耀
またな








なんかいつもより紫耀が近くにいる
でもそれは、私が傘を忘れたから紫耀の傘に入っていて雨に濡れないように近くにいるわけで
ああぁぁぁ、何考えてるんだろ、
つまり、今相合傘ってこと!?
平野紫耀
どうしたあなた?笑
あなた

え?

平野紫耀
めちゃくちゃ顔の表情変えてたから
平野紫耀
面白かった
あなた

え、嘘!?恥ず

平野紫耀
何考えてたの?
あなた

あ、えっとー

あなた

廉がね、親と喧嘩して落ち込んでるみたいな感じだったからなんで喧嘩したのかなって思って

平野紫耀
へー、廉か
あなた

うん、

.......





何この沈黙