無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

〈アイス〉の続き
花守さん
あら、おかえりなさーい
花守さんがジョウロをもって声をかけてきた
あなた

あ、こんにちは〜

平野紫耀
こんにちは
響(ひびき)
あ、この前のおねーちゃん
奏(かなで)
ほんとだー
あなた

あー響くんに奏ちゃんね

あなた

ひざ大丈夫?

奏(かなで)
うん!!
奏(かなで)
もうたっくさんうごけるよ!
あなた

よかった

平野紫耀
かわいいな
花守さん
すみません、うちの孫達が迷惑かけちゃって
あなた

いえいえ

響(ひびき)
ねぇねぇ
響くんが紫耀に言った
平野紫耀
んー?
響(ひびき)
お兄ちゃんとおんなじふくだね
平野紫耀
お兄ちゃん?
花守さん
そうだね〜
奏(かなで)
うん、ユウタお兄ちゃん
あなた

あーこの前の?

響(ひびき)
そう
響(ひびき)
ユウタお兄ちゃんすごいんだよー
奏(かなで)
ごはんがおいしいの
平野紫耀
へーー食べてみたい
あなた

うんうん

花守さん
そろそろ暗くなって来るから
あなた

あーそうですね

響(ひびき)
ばいばい
奏(かなで)
ばいばい
あなた

ばいばーい

平野紫耀
ばいばーい
あなた

またね

平野紫耀
おう、じゃあな




─────────────────────
海斗side
髙橋海人
あなた先輩ってあーゆーことよくするんですか?
広瀬由衣
ん?
広瀬由衣
あーゆーこと......
広瀬由衣
あーーあれね
広瀬由衣
アイスね
髙橋海人
はい。
広瀬由衣
あなたはあーゆーの気にしないってゆーか
広瀬由衣
気にならないんだよね
髙橋海人
そーゆー人いるんですね
広瀬由衣
あなたは鈍感なのよ
広瀬由衣
まぁ特に紫耀は幼なじみだから
幼なじみ.......か.......。
髙橋海人
じゃあぼくこっちなんで
広瀬由衣
うん
広瀬由衣
またね
髙橋海人
はい、ありがとうございました
ぼく、なんでこんな.......