無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

豪雨
ピーンポーン
え、怖いんだけど
???
あなた~開けて~
聞いた事ある声
私は、ドアを開けた。
あなた

れ、廉!?

バッグをを持った廉がいた。
永瀬廉
よっ!
あなた

よっじゃないよ!

あなた

ビショビショじゃない

永瀬廉
家飛び出して来たから
あなた

あ、喧嘩したって言ってたね

あなた

なんで喧嘩したの?

永瀬廉
はっくしょん!!
あなた

おぉ、

あなた

先風呂入りなよ

永瀬廉
え、ええの?
あなた

風邪引くでしょ?

永瀬廉
ありがとう
あなた

いいえいいえー

廉は風呂に入り、私はテレビを付けた。
アナウンサー「えー今すごい強風で........
停電の地域もあります。」
あなた

うわぁ怖いなぁ

永瀬廉
あなた〜
廉が洗面所から呼んだ。
あなた

はーい?

永瀬廉
タオル貸してくんね?忘れてきたわ
あなた

おけ、ちょいとまって

確か押し入れに新品のタオルがあったはず
あなた

あった

私はそれを持って、洗面所へ向かっているとき…











ピカッッゴロゴロゴロ!!!!
あなた

きゃぁぁ!!

永瀬廉
うおぉ!
永瀬廉
さっきの近かったなー
あなた

うん…

パチッ
あなた

きゃっ

永瀬廉
え、
停電した