無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

3人で夕飯
あなた

おじゃましまーす

岩橋玄樹
どうぞどうぞ〜
あなた

やっぱ部屋綺麗だわ

神宮寺勇太
やっぱ?
あなた

うん

あなた

1度、玄樹ん家で鍋したんだよね

岩橋玄樹
美味しかったね!
あなた

うん!

神宮寺勇太
えぇー俺もまぜてよぉ
岩橋玄樹
あのねー!
岩橋玄樹
ジンがドタキャンしたからあなたと食べたのー!!!
あなた

そーだったんだ...

神宮寺勇太
う、、、ごめん。
岩橋玄樹
.......いいよ。
岩橋玄樹
はい!じゃあ何食べる?
あなた

あ、切り替えはやっ

岩橋玄樹
てへへ
神宮寺勇太
ん〜〜
神宮寺勇太
もう夜遅いし、簡単なものがいいよね〜
勇太が冷蔵庫を開けた。




すると、
神宮寺勇太
ん、オムライスでどう?
あなた

いいじゃん!?

岩橋玄樹
うんうん!
あなた

すぐ作れるし

神宮寺勇太
じゃあオムライスで決まりね










で、なんだかんだ作り終えた。
あなた

玄樹のオムライスめちゃくちゃキレイなんだけど

岩橋玄樹
そーゆーあなたこそ、うまそうだよ
あなた

え、まじで!?嬉しい!

すると、勇太が小さくため息をついた。
神宮寺勇太
はぁ
作るの失敗しちゃったみたい。
岩橋玄樹
あー、でも見た目じゃなく中身だから、
あなた

そうそう

あなた

なんなら、作るの教えようか?

岩橋玄樹
俺も!
神宮寺勇太
うん、ありがとう
あなた

じゃあ食べよ!

あなた

いただきます!

神宮寺勇太
いただきます。
岩橋玄樹
いただきまーす。