無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

アルバイト
今日からコンビニでアルバイト
今、レジ奥の部屋で店長さんに待ってて、と言われたので待ってます。
はぁー、緊張するな〜








ガチャドアが開く音
来た!?
あなた

えっ!?

???
あ、
入ってきたのは店長さんではなく、
同い年ぐらいの青年だった。
その青年はこのコンビニの制服を着ていた。
ここで一緒に働く人か。
自己紹介した方がいいかな。
あなた

えっとー

香店長さん
おまたせ〜ごめんね〜
あなた

あ、いえ

香店長さん
あーちょうどいるし、自己紹介しよか
香店長さん
店長の山口かおりです。
香店長さん
下の名前で呼んでね
あなた

はい香さん

香店長さん
で、こっちは4月から働いてるジン・ ・くん
神宮寺勇太
神宮寺勇太です。あなたちゃんよろしく!
あなた

はい、よろしくおねが......い........

ん?
あれ?

あなた

どうして私の名前.......

神宮寺勇太
B組だよね?
あなた

えっ、うん。そうだけど

神宮寺勇太
俺、A組
あなた

あ、そうだったんですか!?

プルルルルルルルル着信音
香店長さん
あ、私だ
香店長さん
ごめん神くん、お店のこと教えといて
香店長さん
長くなると思う。電話
神宮寺勇太
はい。任せてください
香さんは、ここから出ていってしまった