無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

ꕤ*.゚2人ꕤ*.゚
178
2020/12/27 10:28

神崎くんの言葉で私もクラスメイトも驚いた顔をしている


男子生徒1
え、神崎と菊川さんって付き合ってんの!?
男子生徒2
まじ?!
彩葉
彩葉
え、え、


神崎くんはめんどくさそうな顔をしている


彩葉
彩葉
か、神崎くん何言って__!
千明
付き合ってない、ただの友達
めんどくせえから放っとけ


クラスメイトに向かって言うと男子生徒がまた何か言おうとしたが神崎くんの圧力に負けたのか黙りだした


担任
担任
何騒いでんだーHR始めるぞー……って
神崎やっと来たか


タイミングよく先生が入ってきて生徒が静まり出した


ええ、先生久しぶりに神崎くんが来たんですよ、それだけ??


先生はいつもと同じでHRを始めた





後ろに神崎くんがいる


気のせいかもしれないけど背中が熱い___


千明
……


なんで急に来るようになったん____…



彩葉
彩葉
…っわぁあ!!

ガタッと音がして椅子から立ち上がった


それと同時に先生やクラスの人の視線が私の方に向いた


私は神崎くんの方へ向いた


本人はそっぽを向いているが明らかに手で覆って隠してる口は笑っている、おまけに肩もプルプル震わせてる


担任
担任
菊川どうした?
彩葉
彩葉
へ?!
あ、いえ、なんでもないです!


急いで椅子に座りまた神崎くんの方を向いた
彩葉
彩葉
神崎くん!
いきなり背中触らないでくださいよ!!
神崎くんは私の背中を自分の指でスーーとなぞってきた


小声で訴えるとこっちを向いて、
千明
報告したらやっていいんだ?
彩葉
彩葉
そ、そういう事じゃなくて…!
千明
菊川イジるの楽しいから仕方ねえだろ


楽しい!?


私神崎くんのおもちゃ!?
千明
ほら、前見ねえと担任見てるぞ


にやにやしながら報告をする


神崎くんもしかしてS....?


それから暫く神崎くんの意地悪は続いた




お昼休みになるとりまがお弁当を持って私の席に来た



後ろを向くと神崎くんはもう居ない
りま
りま
猫はもう居ないね
彩葉
彩葉
ね、猫…?
神崎くん?
りま
りま
そう、気ままな猫
にゃーお


そう言って両手を猫の形にしている


可愛い。何だその可愛さ。りまはやっぱり可愛い
彩葉
彩葉
後ろに神崎くんが居ると思うと緊張する……
りま
りま
でも嬉しいんでしょ
彩葉
彩葉
嬉しい…


気が緩んだらにやけてしまうほど


しばらくしてご飯を食べ終わると私は飲み物を買いに財布を持って教室を出た


りまは少し寝ると言って教室に残った


あと20分で昼休みが終わってしまうから早く買いに行かないと


自動販売機がある1階に行ってふと外を見ると正面玄関に人が立っている


彩葉
彩葉
……?

あれ?


私はその人物が誰か分かるとローファーを穿いて近づいた


彩葉
彩葉
神崎くん、何してるの?

神崎くんは手にビニール袋を持っている


中入ればいいのに…


私に気付くとまたジッと顔を見られる


神崎
あーー…
彩葉
彩葉
中に入ったら?
それに何で私服なんですか…?


お昼休みに入るまで着崩してたけどちゃんと制服だったのに今はTシャツとデニムスキニーパンツ

1回帰ったのかな…?


神崎
えーと…
彩葉
彩葉
???

何か様子が変だと言うのはすぐに気付いて、たまたまスーパーであった時みたいな違和感がある


さっきまで神崎くんと少し違う……?


神崎
これ、千夏に渡して
彩葉
彩葉
長谷さん?
い、良いですけど…


んんん???


やっぱり何か変だ


彩葉
彩葉
神崎く____
千明
千里チサト


横から同じ声が聞こえてそちらに向けると、私はとんでもないものを見た


え………????






彩葉
彩葉
か、神崎くんが2人居る…!!


目の前には私の片思いの人が2人いた__






✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
いつも後ろの席の最強くんをご覧くださりありがとうございます!
そして更新が遅くなりすみません……就活をしておりました…
無事終わりましたので本日からまた更新していきます!
これからも宜しくお願いします!
✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄